美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

中二病でも恋がしたい! の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい! 第12話 「終天の…契約(エターナル・エンゲージ)」

2012.12.20 (Thu)
1220.png

六花は中二病に救われた女の子だった。

早かったですね。いよいよ今回で最後です。はりきっていきましょー!
さぁ果たして、六花は中二病から卒業してしまうのでしょうか・・・!?
卒業してしまう=BADENDという私の勝手な妄想を是非振り払ってほしいものです。

ほんの数分とい短い時間ではありましたが、凸守のロングヘアー姿、似合ってると思いました!
ああいう格好されると、大人の女性になりますね。喋り方も上品だし、テラ優等生という感じでした。

ときより入る回想シーンがよかったですね。
六花の墓参りのシーンへ。
父の死を受け入れる時の六花の感情とはいかに・・・。

なかなか六花が帰ってこないので流石に勇太も六花のことが心配になりますね。
今回はとにかくくみん先輩が大活躍なさります。寝ているシーンが一切ない!!昼寝部脱退・・・?
教室に足を運ぶと・・・六花らしく姿が!
どうやらくみん先輩が六花になりすましていたようです。
眼帯から包帯から演技から全てが中二病そのものでしたね。
どうやら六花から邪王心眼を継承したらしく、現在邪王心眼二代目を演じているようです。
ここまでなりきれるとくみん先輩も中二なのか・・・と疑うレベルです。
前回の話で六花と会話しているシーンがあったのはこのことだったわけですね。
この展開は凸守としてはどうかなー?って感じもしますが、本人はどう思ってるんでしょう。
まぁでもいつもいつも寝ていてもらっても困るからたまには活躍の場を与えないとね!


その後も六花の帰りを待ち続ける勇太でしたが・・・
妹から六花は部屋を引き払い、引越ししたと聞かされます。いつのまに。
中二秒を卒業して家に帰ることで、みんなが幸せになることができるとこういう選択に至ったわけでしょうか。
そんななか、あるきっかけとなる手紙が。
その手紙というのがダークフレイムマスターからの手紙です。
中二秒真っ盛りの頃に未来の自分へと称した手紙だったようです。
最初はなんだこれwwwと貶したような反応を見せる勇太でしたが、この手紙の影響力は大きかったです。


ここから主人公らしい行動にでますね。
自転車で六花の元へ向かうところなんかまさに青春ですよね。電車がないということもあるわけですが。
その途中、くみん先輩が通せんぼ。(いい意味で)
2代目邪王心眼からメッセージがあると。完全に役になりきってますね。身振りなんかも。
なぜ六花が中二病になったのか、ここで全てが明らかになります。
ここまでとっておいたのは正解だったと思いますね。


六花は、2年前から既に勇太と出会っていたことが明らかになります。
中二全開の勇太を影ながら見つめてくれていたのが六花でした。
当時自分の心が追いついていなかった六花を変えてくれたのは勇太だったんですかね。

「六花ちゃんは思ったんだよ、あんなふうに思えるなんて素敵だなって
自分の気持ちを押し殺してなんでも言うことを聞いている自分より、よっぽど素直でかっこいいなって」

勇太じゃないと駄目なんですね、他の誰でもなく勇太じゃなきゃ。
くみん先輩から話を聞いた勇太は更に自転車のスピードを飛ばす。
ここのシーンが、時をかける少女を思い出したんですよね、時をかける勇太ですわこれ。

そして六花の実家へ到着。
勇太!という六花の第一声に対して、勇太ではない!!と切り出した勇太がやたらかっこよく見えました。

「俺と契約を結べ!
つまらないリアルに戻るのか、それとも俺とつまらないリアルを変えたいと思わないのか!!」

このアニメ的には最高の台詞ですね。
そんな雄太に六花の心も揺らぎます。そして再び六花が屋根から勇太に抱きつく光景が再び。屋根は仲良し。
タイトルである契約とやらがここで結ばれたわけですね。
順風満杯に一筋縄でいくことはなく六花の祖父やパトロール中の警官が勇太達を拒む。
そんな危機に駆けつけてくれたのは結社部の仲間たちでした。


痴漢ごっこして警官の目をこちらに向けようとした丹生谷と一色w
それもなかなか「ごっこ」というかリアル痴漢な感じだったので後の祭りにならないかひやひやです。
仲間たちの手助けもありその場を逃げ切ることに成功。


最後は海辺のシーン。
ここで勇太は技と発動させ、不可視境界線をその場に出現させます。

「伝えるがいい、お前の思いを、お前がずっと伝えられなかった思いを」

「さよなら・・・さよならパパ!!」

ここ純粋に泣けますわ。ここでしっかり父の死を受け入れることができたんでしょうね。

最後はいつものように六花が勇太の家のベランダにロープをつたって降りてくるシーン。

「私の目・・・観る?」

「でもやっぱり、中二秒は恥ずかしい!」



というわけで「中二病でも恋がしたい!」が終わりました。
最後に挟んだナレーションが良かったですね。
中二病とは一体なんなのか、よく考えさせられる内容です。
正直いって中二病という題材を作品のタイトルに持ってくるとは数年前なら到底思うことはなかったと思います。
ですので最初は若干敬遠気味なところがあったわけですが、実際見てみると感慨深いものがありました。
自分の疑問点など気になったところはすべて解決することができたのでお腹いっぱいです。
今回で中二病は終わってしまいますが自分の中でとでも良い財産となる作品になりました!
あれ?最後の一行、中二病臭い・・・?w

http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1191-880fd79b
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2076-c1e9a53b
http://animumeso.blog101.fc2.com/tb.php/3328-1dc7ab7b
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1317-27a9e5c3
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3349-2261f9ac
http://hahahahahahahahahoho.blog.fc2.com/tb.php/133-2062eee9
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4928-b93e8a09
http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3207-e5c40d56
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1949-25d163f6
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/soul_mu/65724709
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3240.html
http://zinlight.blog41.fc2.com/tb.php/937-153a62c8
スポンサーサイト

中二病でも恋がしたい! 第11話 「片翼の堕天使」

2012.12.13 (Thu)
1213.png

お互いが無理をしてて気まずい沈黙マミムメモー

眼帯を取り外して3週間。六花はそれを受け入れようとしていました。
今までのことがあるので正直違和感が半端じゃないです。
長いこと中二病を患っていたことからやはり後遺症が残っている模様ですが~。なんだかしっくりこない。

そんななか凸守は中二病の世界へと彼女を引き戻そうとします。
六花の反応を見る限り若干無理しているような感じもします。眼帯がないと本当一般人にしか見えません。
凸守のあしらわれっぷりに勇太は心の内でそれで良いのか・・・と思いますがそれを口に出すことはなく。
勇太自身が中二病だったこともあり自分が言えるような問題ではないんだと。

お友達になってください!
六花からの突然の申し出にも関わらず暖かく歓迎してくれるクラスの女の子たち。
めっちゃいいクラスじゃないですかぁ!!喜んで!!という反応を見る限り
「思いやりのある子」しかいないんじゃないですの!?
まぁ確かに「だが断る!!」だなんて早々言われることはないですよね。
どんだけ器の小さい人間なんだよ!ってことですし。友達として主要人物に入るか
単純になんとなく友達なだけなのかが重要だと思っています!

そんなことはどうでもいいとして凸守の中二病復活へのアプローチが続きます。
部室で魔道石を見せ付けられた六花は若干我に返ったような表情を浮かべますが・・・
すぐに曇った表情に戻りその六花の口からこの部を解散すると衝撃の決断が下されます。
自分1人でやってる部活動ではないんだからそれで結社を解散と言われてもちょっと・・・。
本当にこれでいいのか?的な雰囲気のまま、事が進んでいきます。

不可視境界線などはじめからないという事実を分かりつつ勇太に詰め寄ってきた凸守の気持ちというものも
非常に良く分かるところではあります。
どうすることも出来ないと凸守にぶちまけてしまい、お互いに涙。
あの電車での場面でのベストアンサーは何なのか分かりませんがとにかく2人とも
六花を心配する気持ちというのは同じなんだと感じます。

勇太も六花も今の本当の自分というものを見失っているような気がします。
お互いに中二病という共通点があったからこそ和気藹々と付き合えていた部分があり
お互いが相思相愛という点では変わらないと思うんですが
今の2人を見ていると余所余所しいというか、堅苦しいというか、見ていて辛い部分があります。
本当の気持ちを言い合ってスッキリとした青春ライフを過ごしてほしいです。

今回の一連を見る限りこの選択肢が正解!というのが見当たらないので難しいところなんですが・・・
あなたならどうしてます!?
やはり今こそ邪王心眼というキーワードを使いながらダークフレイムマスターの解放をするときではないのかと。
タイトルに中二病と入っているわけですから最終回に何も繰り広げられないわけがないですよね!
微妙に登場してきたくみん先輩とのやりとりも若干気になる点ではありますが。
最終回でそれぞれの意識がどう変わっていくのか見物ですね。


http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1185-ea273711
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1310-ad148291
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/1644-60a13f7b
http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3206-7bbbf53b
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3341-d6bc6d03
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/679-5b916e6a

中二病でも恋がしたい! 第10話 「聖母の…弁当箱(パンドラズ・ボックス)

2012.12.06 (Thu)
1206.png

「マスターは、ダークフレイムマスターにこ、恋を・・・!?」

凸守はいつもの調子でマスターこと六花に話しかけますが、今日の六花はどこが違う。

六花は恋の悩みを凸守にマジ相談します。凸守もうまい具合に中二病を折り交えながらフォローします。

恋の相手である勇太も勇太で一色に相談します。これは相思相愛の展開か!?



そして勇太のほうから大事な話があると切り出して六花を引っ張り出します。

凸守から願いの叶う魔道石を持って勇太のもとへ向かいます。

しかし天気は大雨。さらに傘は六花の持っている一本だけ。

このあとこの傘が超絶的に空気を読むことに

橋を歩いている2人だったが傘を落としてしまいます。

しかしその傘、とても賢い傘だったようで橋から落ちた位置がまさに告白ゾーンだった。

そしてそこでお互いに告白を。しかも六花からという展開。

邪王真眼によると私からするべきなんだと。

すると勇太はずるいずるいと、こういうのは俺からだろ!!!と。とてもいい雰囲気。

gdgdな告白になるのかと思いきや、とてもすんなり素直な告白で見ていて気持ちよかったですね。

ダークフレイムマスターになりきっての告白。お似合いですね。


しかし十花さんからの説明で仲の良くない六花のお母さんとの同居を余儀なくされてしまい、シリアスムードへ。

お母さんが帰ってくるのはいいけど六花はそれをすんなり受け入れてくれるのでしょうか。

そして今までずっと実家に預けていたことでお母さんという保護者の役割が務まるのかどうか。

お弁当を持ってやってきますが六花とは会えず勇太にお弁当を託します。

わざわざ学校にまで足を運んでいるわけですから、見つけてやろう!という気持ちで直接渡す手も

あったと思います。

お母さんも私に会うのは嫌だろうということですぐに学校から立ち去ることに。

でもやったり直接対面してもらって話をしてもらったほうがいいような気がしますね。

家族にしか分からないことがきっとあると思います。

家族の問題に関してはなんとか最終回までに解決して気持ちよく終わってほしいと思いました。

お弁当の温かさを感じた勇太のとった行動は間違ってなかったと思いたいですね。

ある意味勇太が一番お母さんや十花よりも一番近い存在だと感じます。

今回の勇太の行動がどう影響するのか、そして最後に披露された六花ちゃんの美声。

お父さんが好きだった歌ということもあり、難しいところになってきますかね。

あまりにも唐突すぎる出来事だったのでこの先の2人の関係がとても気になります。


とにもかくにも六花がとても可愛いかったという事実は否めません。

恋の悩みに真剣に受け答えしていた凸守もグッジョブ。お祭りではアホなことしてたけどw

頭が良いのとアホなのは違うのかな!?

序盤に2人が若干百合っぽい展開になりかけてたいたのでひやひやしながら見てましたw

急に百合発展に突入してもそれはそれで斬新なので面白いのかな!?



http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2072-5761cbcb
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1181-bd559c88
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3190-2212021a
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1302-5c4eba06
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/370-65422713
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/tb.php/53-4fb94527
http://animumeso.blog101.fc2.com/tb.php/3319-797207ec
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/1632-a3a0eab0
http://soraxcan.blog59.fc2.com/tb.php/3704-f98dc9cc
http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3205-8d60c092
http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3506-6ae6c8aa
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3333-bd59b54b
http://zinlight.blog41.fc2.com/tb.php/923-a4750897

中二病でも恋がしたい! 第9話  混沌の・・・初恋煩(カオス・ハート)

2012.11.29 (Thu)
1129.png

こんばんわ~。中二病第9話の感想です。

今回は学園祭のお話でしょうか。テンション上がりますな。

一色、髪伸びるの遅すぎやしないか・・・?タモリみたいになってるやん。

十花さんは十花さんはフリーダムすぎるし。勇太のベッドの下からスライムのようにするりと参上。

もともと新体操をやっていたこともあって、体は非常に柔らかいようです。

くみんさんは弁当場箱を横にして昼寝しているし、いつご飯食べてるんです!?


六花ちゃんは完全に初恋モードに突入した様子ですね。こ、これは萌えしぬ・・・。

その自分の状況を中二病風にくみんさんに説明します。

これは流石に一般人にでも分かりました。ドキがムネムネ~ってことですね。

そしてメールで勇太は六花から呼び出されます。実力行使か!

そして六花から

「勇太を倒す!!」

と、ここで中二が炸裂、されに凸守も混ざり混沌として状況に。

しかし今回の勇太はやたらイケメンモードですね。選択肢全て完璧なところ選んでるね。

中二病設定とリアル設定がごちゃごちゃになってしまっている六花ちゃん・・・w

しかし鈍感な勇太はまだ気づいていない様子ですね。

モリサマーの案でなんとかしてでも六花と勇太を2人っきりにさせようと

学園祭の準備などで気を遣わせます。モリサマーはこういう恋の揉め事が好きなんだね。

まさに恋のキューピット役に徹しているモリサマーが普通にいい人すぎて見直しました。

そして夕日が暮れる頃2人は学校の屋根の上へ。

ここで六花が足を滑らせてしまい屋根の上から落ちそうになります。

ここから勇太は更なるイケメンモードへと進化し、3階のベランダに降り六花を助けに向かいます。

普段よく家で見る展開と同じで勇太は六花を抱えハグに持ち込みます。

そして勇太の胸の中でひたすら勇太と言い泣いてしまう六花ちゃん。

とりあえず、助かってよかったです。ここで万が一あの高い屋根から落ちていたなんてことが起きてたら・・・

完全にBADENDですからね。

というか下にいた生徒たちもただ呆然に見とくんじゃなくてクッション的なもんを準備しとかんと・・・w

先生の監督問題とかどうなってるんだろう、下手したら部活停止とかなってもおかしくないような気がします。

そういうこともひっくるめて次回が気になるところですね。

特に勇太と六花の人間関係についてはどうなることやら・・・。

今回の件で命の恩人という称号も手に入れることができたわけですから。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a5d7ff3512b3f58d567a4e0290afcf5a/73
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3178-6768f12e
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/tb.php/51-f5ddb16d
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1176-90eba758
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3322-f257b157

中二病でも恋がしたい! 第8話 二人だけの…逃避行(エグザイル)

2012.11.22 (Thu)
11222.png

引き続き、中二病第8話の感想です。

いきなり姉妹での中二バトルの炸裂です。

現実を受け入れられない六花の気持ちなのでしょうか。

激しい激しい魔法少女バトルに。しかし今回も十花さんの勝利。

「どうすれば満足なんだ・・・どうしようもないだろう・・・」

十花さんの想い、凄く伝わりました!六花に現実を受け入れてもらい、前に進んでほしいこと。

しかし六花は不可視境界線があることを信じ続けます。

勇太は十花さんの言うことを分かりつつ六花を擁護します。

現実であろうともすぐに受け入れることができない事もある。

その後六花は十花から逃げる形に。勇太は後を追い六花を探しますが見つからずじまい。



一方それ以外の結社部面々はたのしそーの海で遊んでいました。

そこに勇太がかけつけみんなで探す展開になるかと思いきや2人はできてるなど茶化される。

こいつら!!!まぁよくあることだからそうやって流されても仕方がないのか・・・?

その後必死に探し電車の中で六花を見つけます。勇太はぎりぎり駆け込み乗車。

その電車の中で、なぜ勇太は中二病になったのか勇太に尋ねます。

1人になることが多かったためその気持ちからどんどん中二病になってしまったと。

今の様子からは全く想像できないですよね~。

2人はいい感じの雰囲気のまんま、自宅へと帰ってきます。

その夜もまさかの2人っきりの状況。いかん危ない危ない危ない・・・

お腹の空いた2人はコンビにに行きおにぎりを。

コンビニじゃやっぱりおにぎりとからあげだよね~。サンドイッチはいかん。

そして公園のベンチで食事。いい雰囲気だ。そこで食うかつおおにぎりなんて最高だね!!!

そして帰り際、六花は帰りたくない、つきの光を浴びていく!と。

勇太の後姿を見て、何か感じたことでもあったのでしょうか。

何かが芽生え始めているような感じですね~!

そして六花は勇太の家で休むことになります。勇太のぶかぶかのぱじゃまを着た六花。

勇太の匂いがする!!!と勇太は顔を赤らめ恥ずかしがります。2人っきりですよ~君たち。

そして勇太は別室で六花を寝かせたかと思いきや、六花はテレビのある部屋にいき

恋愛映画を見ていました。忍びの者か!?いつの間に!!

そして胸騒ぎがする!!と六花。映画はクライマックスのキスシーン。これは!!!

勇太は慌ててTVを消そうとしますwとにかくかわいいw

そして部屋から出て行こうとする勇太に

「待って、いかないで・・・」

そして勇太に目をつぶってと指示w素直に従うんだな!!

勇太は勇太でキスなのか!?と期待を寄せるが・・・

そんなわけないですよねー!!!まだ8話ですしね!!!

手に魔方陣を描くというオチでした。でもキスよりこっちの展開のが良かったかな。

そして熟睡している勇太のところへやってきて勇太の笑顔を微笑ましそうに見つめるところで今回は終了。

とにかく今回は2828。2828シーンが全体の70%を占めていましたね!!

今後の展開、オラ、わくわくすっぞ!!!!!


http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/840-2d788be1
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3312-b595ebe6
http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3468-19d369b7
http://soraxcan.blog59.fc2.com/tb.php/3700-234ed8e2
http://kira47.blog58.fc2.com/tb.php/1993-b6c3a887
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。