美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

化物語 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 第15話 「つばさキャット 其ノ伍」

2013.01.05 (Sat)
化物語もいよいよラスト。果たしてどんな結末が待っているのでしょうか。

大きな決断を迫られていたんでしたね。果たして暦の出す答えとは・・・。
羽川との恋仲。十中八九お断りだ!!というのがセオリーだとは思いますが。
ファン的な意味でもひたぎ>>>羽川な感じがしてひたぎの圧勝なんですよねえ。

実写羽川さん似すぎ吹いたwwwどこで見つけたんでしょう、リアル羽川。
人の表裏ってほんと分からないもんですね。
普段暦とひたぎの恋を応援していた羽川ですがその反面、ストレスはどんどん溜まっていったと。
羽川はずっと暦に対して片思いを抱いていたわけでそれが苦しみとなっていたわけですね。
というわけでブラック羽川から強く恋仲になるべきだと催促されます。
が、暦が乗るわけもなくひたぎが好きだということを伝えます。軸がぶれないね~。

ブラック羽川からもう1つ提案が。
もう1つストレスを解消する方法があると。
言われるがままにブラック羽川の指示に従う暦。
すると背を向けた途端背後から暦は襲われてしまい、久々のグロテスクゾーンに突入。
血の吹き出方が半端じゃないですね。ちょーぐろいよー。
ブラック羽川は暦を殺してストレスを解消しようとしていました。

「羽川のために死ねるなら・・・」

しかしその後ひたぎの顔が頭をよぎる。
今自分が殺されてしまったら、確実にひたぎは羽川を殺すだろうと。
残り少ない体力で必死に抵抗する暦。
助けもこず、万事休すかと思っていたところ、暦のすぐ傍に1人の助け舟が。

「助けて・・・しのぶ」

するとその声に反応したのか、暦の影からしのぶが登場。
凄まじい勢いでブラック羽川を撃退します。かっこかわすごすぎんよ~しのぶちゃん。
ブラック羽川の存在が消え、元の羽川に戻りますがまだしのぶの猛攻がとまらず。
それ以上はやめてくれという暦の一声でなんとかしのぶはストップ。
記憶がフラッシュバックししのぶとの思い出?が。この2人は特別な関係なんでしょうか。
相変わらず何も喋らずに暦の影に戻っていったしのぶでした。

「阿良々木君・・・ 私との友情よりも恩返しする方が大事だなんてそんな寂しいこと、言わないでよ・・・」

「阿良々木君。きちんと、しなさい」

「はい・・・」

とりあえずブラック羽川に関する事態は解決したんですかね。
しかしまたストレスを溜めるようなことがあると復活しちゃったりするんでしょうか。

平和な日常が戻る。
妹たちに起こされるシーンになると平和に戻ったというサインですね。ほのぼのしてますわ。

暦とひたぎはまた新たにデートをすることになったみたいだし。
今度は暦がプランニングするようにと。まぁ暦は自分の宝物を見せることでしょうけど。

最後にはメメのデレデレな部分が見えたような気がします。
メメの学習塾に向かうと、そこには既にメメの姿はありませんでした。
もうこの街から立ち去っていたんですね。
過去にある日突然に挨拶なしにこの街を出て行くことはないと言っていた台詞がここに繋がってるんですね。
あの台詞自体が不器用なメメの別れの挨拶だったんだと。

「まったくあれだよなー」

「そうね、あれだわ」

「あれだよね」

「うん、あの人はあれに違いない」


「お人よし!」

メメさんかっこよすぎますよー。。。

明日は文化祭。もちろん最終回ではありますがどうやら向こうの世界ではお化け屋敷をやるそうです。
まさに化物語って感じのラストで良かった良かった。
全体を振り返ってみてもやはり強く印象に残る部分は演出ですね。
ありとあらゆる斬新な演出をもってこられ、目を離すことができないアニメでしたね~。
そして個性豊かなキャラクターが多く、各キャラクターそれぞれにインパクトがあってよかったです。
偽物語もあるようですのでそちらもまた楽しみたいと思っています。
スポンサーサイト

化物語 第14話 「つばさキャット 其ノ肆

2013.01.04 (Fri)
新年一発目です!はりきっていきますかー。
というか新作アニメのほうが気になって仕方がないのですがね~w
まぁこっちも全部終わってないので進めていきますか。残り2話ですし。

新年早々ブラック羽川のにゃはははー!という笑い声からスタートです。
初笑いですなぁ~。
何が問題になっていたかというとこのブラック羽川そのものだったんですよね。
ストレスが原因であり、それを取り除くことが第一でしょうか。
しのぶちゃんに頼むのが筋なのかと思いましたがそのしのぶちゃんがまさかの不在。
メメによると自分探しの旅にでたんだとか。
大好きだと思われるミスタードーナスすら食べずに出かけるとは大事なんじゃないでしょうか。

その状況を知った暦はしのぶを探すたびに。
桃太郎のごとく、真宵、撫子、神原を引きつれ協力を仰ぐことに。
ひたぎにも依頼しますが、あっさり断られる。また色々といじられるのかと思いきや
羽川さんから文化祭の準備を任せされたそうで、羽川が窮地であればあるほどそれを遂行しなければならないと。

「別に心配してるわけじゃないんだからねー。(棒)でも帰ってこなかったら許さないんだからね。(マジ)」

ひたぎらしい台詞ですねw新年早々ニヤニヤしちゃいますね。

しのぶを探しているとブラック羽川がやってきます。またバトルにでもなるのかと思いきや
どうやらしのぶ探しに協力してくれるらしいです。まさに猫の手も借りたい状況でした。
なんか、バトルするテンションではないようです。
というのもブラック羽川にとっても早く主人である羽川のストレスを解消させることが出来るから。
普通にストレスを解消しようとすると1年ほど掛かってしまうらしいのですがしのぶちゃん
の存在は大きく、1年のところを9日間で解消してしまうと。現に前回がちょうど9日間だったらしいです。
というわけで暦の自転車で2人乗りするというイベントが発生しますが
暦はブラック羽川の胸でエナジードレインを浴びてしまうことに。
これ、ブラック羽川の仕込んだことだと思っていましたがどうやら違う様子で。
単純にご主人様の胸で興奮したんだにゃぁ!?という感じで悪気はないようですねw

しのぶちゃんを探す途中、しばらく暦とブラック羽川の会話が続きます。
ブラック羽川から人間と怪異は相容れることはできないと。
普段のブラック羽川からは想像もできない真面目な雰囲気。
というかそんなシリアスなことあんなかわいいパジャマ姿で言われるとねえw
妙に不気味な感じがして気になるんでしょねーこのブラック羽川。何か企んでるのか・・・。

あちこちを探すもののしのぶちゃんは一向に見つからず。
真宵たちの探してるシーンが一切出てきませんが彼女達はどうなっちゃったんでしょう!?
ストレスの権化が消えさえすればこの問題を解決することができると、ある提案を暦に投げかけます。
ブラック羽川だけがストレスの原因を知っているらしく実力行使にでることに。

「おれのご主人・・・お前のことが好きなんだにゃ」

つまり、暦と羽川が恋仲になればこの問題は解決できるそうな。
暦の漠然とした顔と、ひたぎがはさみでちょっきんと切るシーンを最後に今回は終了。
ラスト恐ろしすぎw暦は選択肢間違っちゃいかんよー!


化物語 第13話 「つばさキャット 其ノ参」

2012.12.30 (Sun)
1230.png

羽川のターンがやってきた

お久な感じの真宵との会話から。
こっそり近づき後ろから強引に抱きつきにかかる暦。バックドロップかけるわけじゃないんだから。
よほどひたぎとのデートが嬉しかった模様ですなw顔のにやけが止まらない。
どうみても変態ですどうもありがとうございました。
真宵のかみつきの感覚を久々に味わうことができてよかったよかった。

前回のヒーローひたぎさん。
相変わらずの貫禄ですね。いつもどおりのツンツンモード全快で暦との会話。

私の中の声優の人はとても優秀なの

声優ネタきましたwまさに自画自賛でしたね。もちろん斉藤千和さんを否定するつもりはないけど。
完全に夫婦間の会話ですよね。ひたぎの穏やかな笑顔が見れるのも一応暦のおかげなんでしょう。

そして完全に忘れ去られていた影のヒロイン羽川さんが満を持して登場。
なんと公園だというのにパジャマ姿の羽川。まぁ過疎ってるから人目にはつかないわけですが。
優等生でもこんなかわいらしいパジャマを着てらっしゃるんですねえ。朝から公園散歩してる感じです。
さらに帽子をかぶっている。帽子の中で何が起こっているのかは大体予想がつきますが。
いつものようにメメの元へ出向き解決を図ろうとしますがその前に暦からいくつかの質問が。
帽子と取ってほしいと。しかし本人は帽子を取りたがらない様子。
まぁ大方の予想通り猫耳が生えてるんですけどね。
暦の恩返しをしたいという想いから帽子を取ることを決意する羽川。

完全体!!

パジャマに猫耳にでか乳にとステータスが完璧に揃ってしまいました。これはいかん。
ん~しかし何故猫耳が生えてしまったんだ。そこまでストレスの影響がやってきているのか。
急にスイッチの切り替えができる暦すごいよ。二重人格じゃないのかと思わせるほどに。
羽川の力になりたいことを伝えた暦は自転車2人乗りイベントへ。

ここで羽川のでか乳を肌で感じることに。で、でかい・・・!これまででも最高峰にでかい。
後ろに座る羽川からのぎゅ~っと抱きつかれる感覚。これは交通事故起こしちゃいますね・・・。
後ろに野菜やらなんやらを乗っけて走っている私には到底分からない感覚ですよ・・・。

そしてメメの元へ到着。
今日のメメはいつもと違い何か取り込み中だったようです。
時間がないと言い手順を省略するメメ。
羽川に聞くより直接本人(ブラック羽川)に聞いたほうが手っ取り早いということで
メメはブラック羽川を目覚めさせます。

ブラックなのにホワイト

というね。しかしこっちはこっちでかわいいんですよね。俺はブラック派だ!!という意見も多いのでは。
今から揉め事が起こりそうっていうところで今回は終了です。
地味にEDが変わっててセンスあるなぁと感じましたね。

化物語 第12話 「つばさキャット 其ノ貮」

2012.12.29 (Sat)
1229.png

私とデートをしなさい(棒読み)

なんという温度差w前回までのつばさキャッツはどこにいったんですか!?
まぁ最終回ということもあるのでしょう。完全にひたぎのターンでしたね。ある意味タイトル詐欺なんですがw

頬についたご飯粒を取って食べてあげるという王道スタイルをあえて捨て、ゴミ箱にご飯粒を投げ捨てるというね。
ご飯粒というより完全にご飯なんですけどね。ツンツンモードのひたぎはやはり恐ろしい部分を感じてしまう暦。
その箸を使っていったい何をしようというんだ!?という恐怖感が半端ないんですよあの顔はw
というかひたぎの髪型が完全に勝負ヘアーになってましたね。
かなり清楚なイメージがありますがこれはこれでひたぎらしいです。
いつも2人はああやってご飯を食べてるんでしょうか。だとすると羨ましい限りですわ!
バカップル弁当だろうが何だろうが2人で食べてることには変わらない!変わってくれ!!暦サン。
2人のペースというか見ていて微笑ましかったですね。

というわけで初めて恋人とデートすることになった暦は大喜び。
喜びを隠せないまま自転車をすっとばしひたぎの家に到着。
するとさっそくデートだとひたぎからエスコートされ着いた先は車の中。
車にはひたぎのお父さん(運転手)とひたぎ、そして暦の3人。

ここからひたぎ式拷問デートの始まりです。
まずお父さんが同伴しているという状況をひたぎはどう思っているのか。
暦はもちろん喜んでいただけに期待を裏切られた感が半端じゃないですねw
初めてのデートでお父さんが同伴とはね。それを何とも思っていないひたぎの発言がまたマジなのかネタなのか。

「僕は今始めてデートだから緊張しているわけではない・・・」

お父さんがいるにも関わらず質問が直球すぎぃ!
それに答えなくちゃいけない暦がかわいそうでまさに拷問ですよw
完全にいじめられちゃってる感がありますね。それを楽しんでいるひたぎ。
デートにはふさわしくない会話も多々飛び交うなど車の中はまさにカオスな状態でした。
更にひたぎの言葉責めが続き、身体にまで手を出す。
その手つきがやらしすぎる!太ももを指でさするシーンがエロすぎますよw
お父さんがいるのに何してるですかお二人さん!!いくら後ろ席にいるからって!
じょじょに暦のほうに身体を寄せていき、最終的には耳はみはみ。暦昇天!!!

やっとのことで目的地なる場所へ到着。
ひたぎだけ出て行き、私が戻ってくるまでこの車の中で待っているようにと指示される暦。
今まで一声も発していないひたぎのお父さんとの2人っきりという超絶気まずい空気に。
その重い空気に先に口火を切ったのはお父さん。

「娘をよろしく頼む」

マ、マダオ・・・。立木さんでしたかぁ!すぐに分かっちゃいましたよ。
冗談だよ冗談と、まさに親父ギャクが炸裂。
お父さんはあれだけ楽しそうなひたぎを見るのは久々なんだと語り始めます。
まさに絵に描いたような仕事人間のお父さんは、ひたぎと過ごす時間がこれまであまりなかったんですね。

「必要な時いそこにいてくれたという事実は
 ただそれだけのことで何にも増してありがたいものだ」


心を閉ざしていたひたぎを救うことのできた暦だからこそ信頼して任せることができたんですね。

再びひたぎが戻ってきて、ここからは若者達の時間ということでお父さんの出番はここまで。

「ありがとう、お父さん」

ひたぎは暦を連れある場所へと向かいます。
ひたぎに頭を押さえつけられながらある場所へ。何かをセッティングしていたようですね。
目的地に到着するまでのお楽しみってことで。

ひたぎの宝物。
暦が目を開けるとそこには綺麗な、それはとても綺麗な星空が。
絵で表現してあれだけのものですから、現実に見ると相当なものなんだと思います。

「これで全部よ、私が持っているもの、全部。」

今の自分が暦にあげられるものはこれだけと。
この星空は昔父と母とひたぎで見にきたものらしいですね。ひたぎの宝物。
ひたぎらしい告白の仕方といいますか、不器用ながらも一生懸命さが伝わる彼女の行動はとてもかわいいですね!

「私は今、あららぎ君を嫌いになることがとても怖い。」

過去に下衆な男に襲われそうになったことと同じことを暦とするのはとても不安。
だから今自分にできることはこの星空を見せることなんだと思います。
最初に思い浮かんだ勉強を教えることなんていうのはまさに彼女の考えそうなことです。
ひたぎの宝物を一緒に共有することができた暦。
不器用に言葉選びするひたぎがかわいすぎて・・・!キスをしなさいとツンを押し通してもいいんですよ~!
二人が向かい合ったところで星空EDに突入。

「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」

がまさにシンクロ率400%でしたね。ひたぎの言い方も同じ順番でしたね。
これは気持ちの良い終わり方でしたね。でも何か忘れているような気が・・・


タイトルコールされることがないので特に忘れてしまっていたのですが羽川さんのことですw
悪い言い方すると完全にごり押しした感が拭えないですねw
全羽川ファンを敵に回すことになりますよ!!!!私は特に羽川に思い入れがあるわけじゃないんですが。
まぁでもネット配信wで放送されてるようですししっかり見てあげますよ!ネット配信に回されてしまった
羽川乙!ってことになるわけですかね・・・w
まぁテレビで最終回!ってなるとこの2人しか視聴率取れる方はいませんから仕方ないね!

化物語 第11話 「つばさキャット 其ノ壹」

2012.12.28 (Fri)
1228.png

話数的にもこれが最後のエピソードでしょうか。
今回からは羽川をピックアップしてお送りしますというところですか。

顔のガーゼが気になるところですがとりあえず羽川の家庭事情について。
どうやら羽川の両親は本当の両親ではないらしい。だから家にいるのは辛いと。
休みの日には必ず散歩しているという羽川。家にいるだけでぞっとするとはどんな家庭環境なんでしょうか。
顔のガーゼは今朝父に殴られた跡らしい。完全に虐待ですよそれ。
そんな危ない家で今までずっと過ごしてきたんですか。暦は不安を感じていました。
女の子殴るなんてサイテーね!!!

話がまとまり歩いている2人はその途中でしんでしまっている猫を見つけます。
その猫の死体が気になるのか放っておけない様子の羽川。
この先の伏線ですかね。猫が怪異ということですよね~これは。

久々のひたぎOP。安定感があるような気がします。これはひたぎさん大活躍の予感。

暦と撫子
撫子が校門前で暦のことを待っていました。
この2人の会話・・・相変わらずマニアックすぎる。
どらえもんの秘密道具が出てくるなど、しかもタケコプターとかメジャーなのではない道具が。
撫子の用事は前回の件について改めて感謝の気持ちを伝えたかったらしい。
撫子の表情を伺う限りそれプラス暦お兄ちゃんに会いたかったからという理由付けも付加されてるような感じも。
神原への用事を済ませなかった撫子は暦に頼むことに。
その頼みというのが・・・ぶるま!!!ちょうちんぶるま!!!
そのなまなましいぶるまを素手で掴み取る暦!とったどー!!!ですね。
旗から見るとただの変態ですが暦はとにかく勝ち誇った様子。おめでとう。


ここで暦と待ち合わせをしていた羽川もやってきます。
その途端撫子は恥ずかしがってその場から全速力で逃げ出してしまう。砂埃が立つほどの脚力です。
これには流石の羽川もショックの色を隠せない様子w
あんな逃げかたされるってもやは犯罪者レベルですからね現実世界なら。

しばらくの会話が続いたあとゴールデンウィークの回想に。
ここで怪異の正体が明らかに。
下着姿の羽川は苦しんでいました。すると羽川の体が光、何かに進化しようとしています。
髪が真っ白に染まり、猫耳が生えてきてなんだか確実にかわいい生態へと変化しようとしていました。
これが怪異!?ってのが第一の感想でした。普通にかわいい件。ってか通常の羽川よりも・・・いいんじゃないの
これまでの羽川の姿とは大違い。
メメの説明によると

「障り猫」

だそうです。
変化した羽川は言わばブラック羽川。単純に言うと二重人格だということ。
どうしてこんなことになってしまったかというと「ストレス」が原因らしいです。
表側の羽川にたまりにたまったストレスが原因でこんな人格が芽生えてしまったのか。
どんだけストレス溜まってたんだって話ですよね~。
いやいや侮れないですよ。現実にもストレスって怖いですもん。
ブラック羽川となってしまうと溜まっているストレスを発散するまで元の姿には戻らないという。
無差別に人を襲い、エナジードレインとやらで人の体力や生気を奪っていきます。
1年以上人を襲い続けないとこのストレスは解消されないって・・・。
家庭環境の問題でしょうが相当量のストレスですよね。普段の姿からは想像できないですよね~。
暦も追い詰められどうなるかと思いきやしのぶちゃんがやってきて暦は助けてもらいます。
しのぶちゃんがブラック羽川に噛み付くことで羽川のストレスはなんとか解消。
いつも思うがしのぶちゃん最強伝説ですよね。怪異としての格が違うらしいですw

このような出来事というのは当の本人は分かっているのでしょうか。
羽川に最近頻繁に起こる頭痛が気になるところですね。それを執拗に気にかける暦の姿を見ると
やはりこの頭痛からは危険な匂いがしますね。
そんな暦の優しさが羽川にとっては辛いようですね。

暦は水着とぶるまを手づかみで持っていることに気づき、それを羽川に突っ込まれ今回は終わりです。
いよいよ次回でテレビ版が最後ですか。あと1話でどうまとまるんでしょうか。ってかひたぎ出なかった。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。