美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

琴浦さん の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第7話 「この世界に私は」

2013.02.23 (Sat)
真鍋尾行大作戦


いやぁ、最後に物凄いサプライズが待ってましたねぇ。
あれは彼女にとって忘れられない1日となることでしょうね。

森谷だけ夏休みの宿題が残っているという理由で帰ってくることになりましたが
相変わらず森谷の料理はすさまじい威力を誇っておりますね。
あれを敢えて作った本人に食べさせたことで彼女もすべてを理解することでしょう。酷ですが。
その影響で毒が回り宴会会場みたいになってましたね。
なにがどうなって3人仲良く川の字で綺麗に寝ていたのか分かりませんが
真鍋にとっては最高のひとときだったでしょう。

前回最後に出ていた春香の母親ですが
まだそこまで極悪非道というような感じではないみたいですね。
会う気がないわけではないようですが会ってしまうとお互いを傷つけてしまうと。
春香は大きく変わることができましたがこの問題に関してはもう少し時間を要するのかなぁと思いましたね。

自宅に帰ってきてからの春香ですが
昔の夏休みの自分を見ているかのようで、というのも毎日毎日ぐだってるなーと。
毎日ベットの上で、あの格好で、真鍋に電話してる姿を見るとよっぽど暇なのかなぁと感じてしまいます。
結果的に夏休みに真鍋と遊ぶことはできませんでしたが春香が何をしていたのか、気になりますね。
まぁローソンのバイト帰りかと思わせる格好でやってきた森谷さんとかのおかげで
時間をつぶすことはできたとは思いますがw

そして真鍋は何をしていたかというと、こっちは本当のバイトをしていました。
そのせいで春香から電話に出ることはなかったと。
真鍋が一体何をしているのか詮索するため春香は部長を誘って真鍋を追跡することに。
熊の着ぐるみでのバイトまでは完璧でしたがまさか心を読まれてしまうとは。
常に数字を意識していた真鍋も相当苦しかったでしょうね。
あのあとの春香の積極的な行動とか、普通はドキっとするところでしたが部長の胸、恐るべしでした。
いい意味でも悪い意味でも、貧乳が功を奏してくれましたね。
普通だったら昇天ものだったとは思いますが、よく耐えたな~という感じです。

部長の過去、泣けますね。
室戸がとにかくかっこよく映りました。
あのキラキラとした目、イケメンすぎなんですが。
あの時から全く身長が伸びてないんだなぁと分かりますね。

2学期始業式終了後
ESP研究の部室で大々的に春香のパーティが開かれます。
結局このために、そしてプレゼントを買うためにバイトをしていたわけですが
素直に真鍋が凄いと思いましたね。あんな炎天下の中着ぐるみに入ってバイトしてきたわけですから
彼の気持ちが物凄く伝わってきますね。
しばらくぽかーんとした表情を浮かべる春香は何を思ったんでしょうか。
まぁ彼女が喜んでくれてるので問題ないのですが
夏休みの期間、2人で何かしら話したり、遊んだりすることがなかったという点はちょっと残念な気もしますね。
まぁまたこれからいろんな思い出増やしていってもらえばなんとでもなりますかね。
スポンサーサイト

琴浦さん 第6話 「夏休み!」

2013.02.15 (Fri)
まさかのつるぺたED

夏休みとな!
季節外れの夏休みすな~。

ESP研の面々は再び春香の実家へ遊びにやってきます。
変わったことと言えば森谷さんが加わりメンバーが5人になったことくらいですね。
というかあのメンバーの中で森谷さんは「はぶられキャラ」として定着しかかってる!?
そんな彼女をフォローするのが春香。
今まで夏休みを楽しむことの出来なかった春香だからこその行動だったんでしょうね。
とにかく今回、春香にとってとてもたのしい思い出になったようでよかったですね。

相変わらず真鍋と春香のおじいちゃんは話が合うのか合わないのかよく分かりません。
しかし以外と鬼畜な一面もあるのでしょうか、それは部長にも言えることなんですが
春香に対する鬼畜プレイが少々。あれだけ怖がりな春香もどうかとは思いますがw

真鍋のエロ妄想に対して「エロスが!」というツッコミはもやは定番となってきてますね。
今回も相変わらず、特に夏休みというシチュエーションなだけに真鍋のエロ妄想が止まりません。
それでも小学生的な要素も持っていて「何して遊ぶ?」とかいう台詞を耳にすると
微笑ましくてなりませんね。春香もそんな真鍋を純粋に受け入れているようですし。

まぁ今回のメインイベントとなるでしょう、海での水着公開の時間がやってきます。
やはりダントツにでかい部長、続いて森谷、そして春香の順ですね。
顔色1つ変えず軽くあしらう室戸先輩は流石でしたね。
部長と森谷がもろ水着の中、春香だけはなかなか水着の上に着ている服を脱ごうとはしません。
私的にはむしろ最高峰の逸材だと思うんですけどね。自信を持てよ!!と訴えたいところ。
普段は人の心を読む立場の春香ですがこのときばかりは逆に男子たちに心を読まれてしまいましたね。
意を決したのか砂浜を走り海に飛び込む寸前に服を脱ぎます。
真鍋に見られたくなかったんでしょうね、かわいかったです。
まぁ真鍋はそんなん気にするほうじゃないと思うんですけどね。
春香にとってある意味真鍋の残念がる心を見るのが嫌で寧ろ普段のエロ妄想を期待していた!?

真鍋はもちろん一目散に春香のもとへダッシュ。
しかしそれを振り切ろうと浮き輪で逃げる春香。当然胸を隠しながら。
野生の猫のような春香は新しかったですね。
よくあるパターンである沖に流されてしまうという悪いイベントが発生。
もっと深刻な展開になるのかなぁと見ていましたが真鍋がボートですんなり回収。
ボートの上で真鍋に春香が泣きつくシーン、抱擁されて真鍋は何を思うのかとひやひやしてましたが
ここは流石に自重してくれましたねw青春真っ盛りで素晴らしいなぁと感じる瞬間でしたね。

その後はついに待ちに待った春香の手作り弁当を食べることもできたし
真鍋にとっても最高の1日になったのではないかと思いますね。

もっとも度肝を抜かされたのは最後のEDだったわけですがw

琴浦さん 第5話 「学園天国?」

2013.02.09 (Sat)
応援さえあれば何でもできる!?

まさかいきなり完結してしまうとは!?w
いい感じのギャク回って感じですね。

森谷さんほんと変わったなぁ。
ここまでガラっと変わるもんなのか!!と思うほどに。
そんな森谷に対していつも仲良くしていた女子たちから気持ち悪い!!と。
あれ?この台詞、どこかで聞いたことあるような。

そんな森谷さんは当然の流れではありましょうが、ESP研に入部。
これはまた真鍋のエロ妄想のバリエーションが増えそうな予感がしますね。

そんな森谷さんの入部を祝って(?)春香の家でパーティが開かれることに。
お決まりのイベント、エロ本探しが始まるわけですが、当然のごとく春香の自宅にはそんなものありません。
前の家より真鍋の近くに引っ越してきたという春香のアピールと真鍋の反応が良かったですね。
料理も凄いし、料理研究科もいけるんじゃないの。
森谷さんは逆の意味で凄かったですね。まぁ見た目通りといえばそれまでなんですが。
そして間を割って忍者のごとく味見を狙う室戸先輩の存在がまたいいですよね~。
しっかりボケとツッコミが成り立っているので見てて楽しいです。

運動会のクラス対抗リレーに選抜された春香。
ESP研の後押しもあり本番まであらゆる練習にたえます。
結果はどうであれあれだけの応援をしてもらえたことは走るほうもさぞかし気持ちのいいことでしょうね。
まさかずっこけるとはね、まぁ春香らしいといえばらしいけど
このハプニングがある意味クラスメート達から親しまれるきっかけになるんじゃないかと思います。

それにしても、モリモリの壁紙が春香にあれだけウケるとは。森谷さん恐るべし。

琴浦さん 第4話 「変わる世界」

2013.02.03 (Sun)


いやぁ久しぶりの更新となってしまいました!
というのもちょっと風邪に犯されておりましてひどい目に遭いましたね~ここ2,3日は。
まぁインフルじゃなかっただけましなんですけどね~。
とりあえず今日くらいから更新できそうになったんでさいかいさいかい。
とりあえず順序的にはこっちかなというわけで琴浦さんからいきます。

風邪でぼーっとしていたせいか色々なものが蝕まれたような気がします。
その影響からか前回の琴浦さんの記憶が相当薄れてしまっているようですわ。
おそらく真鍋が立ち上がらないといけない感じで終わったとは思うんですけどね~。

だいたいあってる・・・?
琴浦さんがいなくなって1週間、大分腑抜けた感じの真鍋。
そんな真鍋を強制的に部室に連れてきます。
ESPの面々で春香を探そうということになるわけですね。初の野外活動ということに。

それにしても真鍋のテンションが相変わらずっすなぁ。前向きともいえますか。
おしりぺんぺんしたいが為に、春香を探すのか!?・・シンデレラブレイドかよっ!

お寺に泊まらせてもらうことになるESP面々。
そこに住んでいた和尚様こそ春香をかわいがっていた和尚様でした。
その和尚様に春香の居場所を聞き、山の奥の実家に住んでいることを知る。

そして実家へ。
基本的におじいさんはいい人ですよねこのアニメ。
実家のおじいさんはまさに真鍋のクローンのような人でした。いい人だということは確かなんですけどね。
そんなおじいさんと真鍋のやりとりがまた。物好き同士意気投合しちゃった感じですね。
いきなりあそこまでのエロ対談を繰り広げられることができるとは驚きです。

実家でかくれんぼ大会。
あまりにも広い家であるためなかなか春香を見つけることができず。
というかマジで広すぎでしょw 春香の1人や2人は見つかるでしょ は吹いたw
何故か逃げる側になってしまった春香でしたが真鍋の心を探ると白旗をあげざるを得なかった。
本当スイッチの切り替わりが激しいですよね真鍋はw
単純に一緒にいたいという気持ちを察した春香は意を決して姿を表そうとしますが
その途端急に真鍋のスイッチが切り替わりエロ妄想モードに。
シリアスでごまかそうとしていたが結局全部読み取られてしまった真鍋でした。

とりあえず春香タイホ!という状況までステップアップすることができました。
あとはどう学校に連れて帰るかという話になってくるわけですが・・・

ここで超絶ヒールキャラだった森谷さんがようやく本気を出すわけですね。

森谷さんもいてもたってもいられなかったのか春香の元へ謝りにやってきます。
森谷さんの反省している気持ちは本心であり本当に悪かったという気持ちが伝わります。
今回の事件をきっかけに彼女はこれから変われそうな気がすると。
春香と森谷さんにあつい友情が芽生えた瞬間でしたね。春香からしてみればまた1人友達が増えたと。
彼女の後押しもあり、学校に帰ることを決意する春香。
とりあえず一件落着ですね。綺麗に、丸く収まった感じがしますね。
この先しばらくは平和回まっしぐらって感じでしょうかね~。

森谷さんは事実上ふられてしまったのかな!?
気持ち悪いとまで言われてしまった彼女のこれからの頑張りにちょっと期待しちゃいますねw

琴浦さん 第3話 「嬉しくて、楽しくて」

2013.01.25 (Fri)
ニヤニヤ顔が一転、顔が超絶引き締まる。

前半のニヤニヤ展開から一転、まさかのバッドエンドとは相変わらず予測不能なアニメですわ。
というかタイトルからしてどうみても矛盾してますもん後半。

相合傘のぐたり、最初は真鍋へのいじめフラグかと思っていたが流石の真鍋さんでしたね。
まさかああやって逆手にとって

真鍋のエロ妄想はわかるけど、室戸先輩のエロ妄想にひっかけられた春香がかわいいw
というか室戸先輩のエロ妄想もなかなかのものでしたね。
これというこれもちゃんと春香のことを理解しているからこその行動ですよね~。

ESPの面々たちはカラオケにやってきます。
春香の歌声にメンバーたち絶句!!
このアニメのオープニング曲?を歌うことになるわけですが・・・・

「音痴!!!」

最初は歌声もかわいいんだろうなーと胸を膨らましていた真鍋でさえも流石にこれには耐えられなかったか・・・
その威力は室戸先輩のメガネがカチ割れるほでした。
でもこういうの聴いてると、声優さんってすごいなぁ~とつぐつぐ思っちゃいますね~。

そんなこんなでカラオケが終わり先輩達は気を遣い真鍋と春香を2人っきりにさせます。
時々現れるイケメン真鍋ですが今回も健在でした。
楽しいこと、嬉しいことはこれから先もたくさんあると。
そんな言葉に友利子の心の声「告白したら!?」を思い出す春香。
そして話を切り出そうとした途端、いつものエロス真鍋が戻ってくる。
イケメン真鍋モードはわずか数分程度しか発揮することができないのか!?これが茶番なわけですね。
しかし相変わらず真鍋の妄想のレパートリーの数にはびっくりさせられますね~。ある意味発想力豊かすぎい。

いつもコンビニの弁当などで腹を満たしている真鍋のことを気遣い春香は真鍋に手作り弁当を作ろうとします。
ストレートに作ってあげる!とまでは言いませんでしたがそのことを察した真鍋。
あまりに嬉しかったのかその場で大ジャンプする真鍋。天井突き抜けるほどに。
鼻歌歌いながら帰る真鍋を見ているとよっぽど嬉しかったんだろうなぁwというのが伝わってきました。

しかしここからバッドエンド一直線な展開へ。
森谷がとんでもない行動に出てしまう。
自分たちの部下に真鍋を懲らしめてほしいと。
春香に狙いを定めると思っていましたがその怒りの矛先は真鍋へと。
1対多数という状況でありながら「良かった」と。
この良かったというのはおそらく春香に対するものでしょうね。彼女が傷つくことはないということ。
結果的にこの喧嘩で真鍋は病院送りにされるほどひどい怪我を負ってしまいます。
しかし森谷部下たちもかなりの大怪我を。実は真鍋、武術を学んでいたのかかなり強い・・・?

今回の事件でかなり反省している様子の森谷。
正直森谷株はぐっと下がってしまったもんだと思います。
そんなに反省するんなら最初っからやるなという話。
とりあえず彼女に関しては暫くは悪事を働かせることはないでしょうね。

一方春香は先生の心を読むことで真鍋が大怪我したことを知ります。
すぐに病院に駆けつける春香。ドアから除き真鍋の様子を確認すると、真鍋はナースにエロ妄想を!!
こんなところに来てまでかよお前は!!!
しかしその後春香のことを。
とにかく春香を傷つけることがなくて良かったと。
その真鍋の心を読んだ春香は自分の性分からなのか

私のせいで他人に迷惑をかけてしまっている

と自分を責めてしまいます。
もっと真鍋に甘えてもいいと思うんですけどね。過去の出来事が拍車をかけてしまっているんでしょうか。
また自分1人で問題を抱え込んでしまった春香。真鍋はすぐそこにいるにも関わらず病院を去ってしまう。
そして真鍋が病院を退院したときにはすでに春香は学校にはおらず・・・。
しかも家まで取り払われていた・・・・。完全にバッドエンドじゃないですかこのままじゃ。

わからないことだらけのなか、1つだけわかることが・・・

「彼女を守ってやれなかった」

真鍋の台詞で今回はおしまいです。
一体春香はどこへいってしまったんでしょうか・・・。
正直3話でまさかこんな展開になるとは想像もつきませんでした。
とにかく春香には支えになる人が必要だと思うんです。それを担う真鍋の次なる行動が見物ですね。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。