美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

エルフェンリート の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルフェンリート 番外編 通り雨にて 或いは、 少女はいかにしてその心情に至ったか?

2012.10.08 (Mon)
nanado.png

こんばんわ!

なんと!エルフェンリートの番外編があることを知り、これは見るしかないだろうと言うことで。

長いタイトルですね。いつもの難しい漢字2文字を並べるスタイルではありません。

ちょっと表現が和らいだ感じですね~。どうやら時期としては11話の半ば辺りのお話らしいです。

いきなりななが家の中でやらかしまくってた。ななに出来ることはないか色々探しお料理のお手伝い。

包丁を荒々しく使い包丁を握ったまま腕が外れそれがまゆを襲い掛かっていた。

今までとは違いやたら平和な様子。いつものエルフェンリートじゃないぞ!?

ななはにゅうと一緒にお掃除を手伝うことに。

しかしななはドッタンバッタン1人で運動会を繰り広げる。ドジッ娘発動。

何か衝撃が加わるたびに外れる手足w大変だw

そしておやつの時間。食べ物には目がないにゅうとなな。

クッキーをねずみの様に食らい尽くす。にゅうもななも同じ食べ方。

角の生えた子はみんなこうなのか?

掃除が嫌だと若干わがままを言うななにコウタが物申しななは家を出る。

ななはいつもの海岸へ足を運ぶ。

その近くの海岸では坂東がメロンパンを頬張っていた。シャナかよ!

そして砂浜の掃除。これが坂東の一日の日課なんだろうか?

坂東にルーシーの事を喋ってしまい、夕方までにこの海岸に連れてくると。

そして家を出る理由ににゅうと一緒にお散歩してくると言い残し雨の降る中再びおでかけ。

その途中雨で濡れている地面でにゅうが転んでしまい、ルーシーへと変化しそうな雰囲気になる。

ここからルーシーの回想シーンへ。これは今まで見たことない場面だ。

またここから悲しいシーンが。

ルーシーが幼い頃、どうやって施設へ連行されたのかその経緯がここで明らかとなります。

そして回想が終わりルーシーの気配がなくなり、にゅうへと戻る。

その後平和な日常に戻りお風呂場でサービスシーンwこの温度差がまたw

ああ!なるほど~。ここでまゆからななの出来る事としてワンタのえさ係を告げられたのね。

餌やりすぎい!ワンタって名前にふさわしくない体型になっちゃうよそんなんじゃ。

結局坂東スルーで終わっちゃいましたw

これでまた更に漫画が欲しくなってしまったじゃないですか~。









スポンサーサイト

エルフェンリート 総評

2012.10.07 (Sun)
こんばんわ~。

エルフェンリートの衝撃が焼きついてしまい、次のアニメの事どころじゃないような気がします・・・w

本当にすばらしい作品でしたわ。これ。

非常に原作が読みたいと思いましたね。あの最後の人影が特に気になって仕方がありません。

最近のアニメにはなかったような気がしますね。まさに隠れた名作でした。

まずはOPが凝ってた。何言ってるのかサッパリだったが歌も素晴らしかった。

何より自分があのOPに引き込まれていくような感じがしました。

しかし第1話開始早々激しい激しい運動会が繰り広げられ万人受けするのはちょっと厳しいと思いましたw

正直あの場面で見るのをやめてしまおうと思う人も中にはいるかもしれませんね。まさにR-15でした。

グロ要素だけかと思いきや追々話を追っていくと萌えシーンなどもあり一体何アニメなんだ!?

と、思う時もありました。

でもこれの要素はストーリーの中に反映されており、重要な要素だと回が進むにつれて感じました。

とにかくストーリーが良かった。視聴者を引き付けるストーリー作りはとても良かったように思います。

毎回続きが気になるような終わり方をしていたので見ていて飽きない展開でした。

とにかくこのアニメは素晴らしいので是非見たことがない人は見てもらいたいと思いましたね。

もっと評価されるべき!作品だったと思います。

原作読んでいない上にネタバレっぽい事書いてる自分が言うのもどうかと思いますがw









エルフェンリート 第13話 不還

2012.10.06 (Sat)
こんばんわ!

ついにエルフェンリートも最終回まで来てしまいました。

最終回ってなんだかあぁ~これで終わっちゃうのかぁ。寂しいなぁって気持ちにいつも駆られてしまいます。

みなさんはどういう気持ちで見てるんでしょう・・・

さぁ、どんな結末が待っているのか、はっきり言ってハッピーエンドな終わり方が見当たらないw

神OPが拝めるのもこれが最後や・・・飛ばさず見るやな。

ななを抱きかかえていたのはクラマ。いつの間に・・・

坂東再び仰向け拘束プレイに襲われる。何回目だよwルーシーも流石に呆れてきそうやが。

ここで衝撃の事実が明かされる。

なんと、35番はクラマの本当の娘だったと。え?じゃあななは!?

35番はベクターが封じられ暫く休んでいたがすぐに金縛りが解けたのかベクターが使えるように。

そして最終決戦なのだろうか。

35番の目的はルーシー。ルーシーもその事に気づいているようでルーシーの方から35番の方へ足を運ぶ。

ルーシーと35番の激しい戦いが始まった。

35番のベクターの数が凄まじすぎる。

ルーシーもそれに吹き飛ばされ、その衝撃でルーシーの片方の角が吹きとぶ。ルーシー瀕死状態。

そこにクラマが到着。

クラマ「マリコ!」

マリコ(35番)「おとうさん!」

本当に親子なのか・・・。

クラマはそのマリコに対して銃口を向ける。

しかし予想はしていたが銃を下ろすクラマ。

お前のことは片時も忘れた事はなかったとクラマはマリコを抱きかかえる。

クラマ「なな、お前だけは幸せになってくれ」

ななにこう告げてクラマとマリコはその場から立ち去る。

クラマ「お前に会ったらこれだけは言っておきたかった。お前のお母さんは最後までお前を愛していた。」

マリコの中にある時限爆弾にスイッチを入れていたのか大爆発をお越し・・2人は・・・

これはクラマがスイッチを入れていたのか。

気絶していたルーシーがナナの元へ。

ルーシー「私に出来なかった事を、お前にしてほしい・・・」

ナナにこう告げるルーシー。

その後ルーシーはコウタの元へ訪れる。

コウタとルーシー2人っきりのシーン。こんなの今までなかったな。にゅうじゃなく間違いなくルーシー。

ルーシーとコウタの会話がここでしっかりと交わされる。

ルーシーはコウタに謝りたかったらしい・・・

ルーシー「悲しい思いをたくさんさせてしまったごめんなさい・・・」

コウタ「君だってたくさん悲しい思い出、してきたんじゃないのか・・・」

感動的なシーンでした。是非自分の目でみてもらいたいです。

そしてルーシーは自ら組織たちの下へ。組織たちはルーシーを発砲。ルーシーは反撃もせず身構える。

そしてもう片方の角が外れるシーンを経て平和が戻った楓荘のシーンへ。

コウタ、ユカ、なな、まゆが食卓を囲んで食事を。そこにはルーシーの姿はいない。

しかしペットのワンタが泣き出し、お客さんかな?と玄関を覗くと人影が。

その瞬間楓荘にある古時計が12時を指し、Liliumのオルゴールが止まる。

コウタ「あれ?動いてる。」

これが最後の台詞でした。

あの最後に出てきた人影は普通に考えるとルーシーだよなぁ・・・

最後に少しながら希望を握らされた感じで終わってしまった。うまい切り方ではあるけどw

最後に動き出した古時計が何かを示しているんでしょうか。

とりあえず全部見てしまった!どうなるんや!?漫画もあるみたいなので購入決定やなw

また後でまとめみたいなもんを載せたいと思います。

his.png

最後の人影↑ ひどいなwでも本当に誰なんだろう。最後のシーンは何を意味していたのでしょう・・・



エルフェンリート 第12話 泥濘

2012.10.05 (Fri)
ru-is.png

こんばんわ!

金曜日の夜。3連休がやってまいりましたね。アニメの秋でしょう!

自分が見てるのはちょっと、いやかなり旬を過ぎてるアニメかもしれませんが・・w

なんだかんだ言って残すところこの回と次の回で終わりではありませんか!!

どんな結末が待っているのやら・・・。

開始初っ端からなな、絶体絶命の大ピンチ。

35番にいいようにやられてる・・・。ななでさえ相手にならないとは。

35番は遊んでる様子。にゅうとコウタがその場にかけつける。コウタも危ない雰囲気。

相手方組織グループはにゅうを見てルーシーと。しかし現在ルーシーさんは欠席。にゅうさんがログイン中。

これには組織も動揺。35番も奴はルーシーではないと。

そしてナナは35番のベクターを封じる金縛り的な技を繰り出し、35番はベクターが使えなくなる。

にゅうとコウタを組織が襲撃しようとしたその時、ルーシーが目覚めコウタを守るような状態に。

ルーシー「ここまでか・・・」

コウタ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ルーシーが組織たちをベクターで蹴散らす光景を見たコウタは過去のことを思い出したよう。

ここで以前幼いころの夏祭りの回想シーンがありましたがあの回想シーンの続きが流れ始める。

夏祭りでいとこのユカと別れコウタ達は電車に乗車し帰ろうと。

コウタの妹はどうやら夏祭りの現場でルーシーが人をころしてる所を目撃。

していたようで、その角の生えた女の子の事をコウタに必死に伝えるがコウタは嘘だとそれを否定する。

その後なんと電車の中にその角の生えた女の子、ルーシーの姿が。

ルーシー「嘘つき・・・」

そして現実に戻される。

組織たちを蹴散らしたルーシーはLiliumを歌い始める。幼いころの事を覚えていたんだな。

この後再び電車の回送シーンへ。かなり残酷な結果が・・・。

妹のかなえが・・・そしてコウタのお父さんも・・・自宅に飾られている妹の写真はこういうことだったんだな。

ちょっとかわいそうすぎてかわいそうとしか言えない。

再び現在へ。

コウタ「全部思い出した・・・君は・・・8年前の、あの時の・・・」

コウタは全てを思い出したようだ。

ここで思わぬ伏兵、坂東がwスタンバイしてたのかお前w

坂東「逃げるんじゃねー!俺と勝負しろー!」

その坂東から逃げるルーシー。え?ここでEDロールが流れ始めたけど・・・

ラスボスは坂東なのか!?

いよいよ次は最終回です。







エルフェンリート 第11話 錯綜

2012.10.04 (Thu)
mari.png

こんにちわ!

さぁ11話までやってまいりましたよ~今日は。

ここまで連日しっかりと更新ができちゃっております。

いよいよ最強ディクロが動き出すのか・・・。俺たちの住む地球の危機やな!?

んーこのOPが見られるのもあと数回。見れば見るほど謎が積もるような気もします。

35番のマネージャー、5年専属していた斉藤さん。

斉藤さん「私の言うことなら聞いてくれると思います。おかあさんって、入ってくれるのよ。」

どうやら斉藤さんに説得してもらうつもりらしい。

35番が言うことを聞かなければ体に仕込んでいる爆弾を爆破させると。

どんだけ危ない奴なんや・・・

そして35番を目覚めさせる時がついに!

中から出てきたのは・・・よ、幼女体系の女の子じゃないか!あんだけでかい収容ケースの中から

こんなかわいらしい子が出てくるとは。

斉藤さんは35番を抱えようとするが・・・

35番「お、おかあさん・・・?・・・・・・じゃない!」

斉藤さんを真っ二つに・・・!!ぐろいぞぉ・・

その後用意しておいた爆弾のスイッチを押しとりあえず35番を取り押さえる。

痛みを感じている時だけはベクターを使えないらしいね。

そのころ、楓荘ではにゅうが家の玄関の前にある古時計を解体して遊んでたw

エンジニアの才能があるんじゃね!?かっこいいね~。

肝心の35番は爆弾が効いたらしく今はおとなしくしているそうだ。

鎌倉でななが発見されたと組織内での会話で聞いたが、鎌倉ってことは神奈川県を舞台にしてるのか~。

神奈川にもこんな田舎っぽいところがあるんですね。かなり都会的なイメージがあるなぁ。

坂東が久々の出演。坂東が海岸でごみ拾いしててワロタwww海を愛する男、坂東。

そしてその坂東の元へクラマが。ここにやってくるディクロニウスを退治してほしいとクラマが言う。

これは35番の事かな?最強なんでしょ。坂東じゃちょっと・・・いや、坂東だし何かを起こすのか。

35番が鎌倉にやってくる。ななはすぐに35番の気配を察知する。ものすごい悪意を感じるらしい。

怯えるななの姿を見るとやはり35番は最強なんだね。

ななはちょっと出かけてくる(どこに行くとは言わず)と言い残し外へ。

あの海岸は江ノ島!?江ノ島なんて聞いたことしかないから全然わからんがw

35番がその江ノ島とやらへ到着。こちらもなながやってくることを察知しているようです。

登場シーンがドラゴンボールの初期フリーザ、その他一味の登場シーンに似てて吹いた。

ななと35番が対面。

なな「こんなに小さい子なの・・・」

35番「あのおねーちゃんもころしちゃっていいんだよね・・・?」

どうやら真の目的はルーシー討伐のようだ。

ななはおまけ扱いということか・・・挨拶代わりに軽めのベクター攻撃をお見舞いする。

ななはなす術がないって感じ。

35番の余裕の笑みが写りこの回終了。次回壮絶なバトルアニメの模様。

 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。