美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい! 第2話 旋律の・・・聖調理人

2012.11.15 (Thu)
1115.png

こんばんわ~。中二病第2話の感想です。

いちいちタイトルが中二臭くていいですね。

あれ?見るアニメ間違えた?いきなり戦闘シーンっぽい演出が。

新たな刺客です!?

しかしOPが終わると再び移り変わりが激しくプールへと場面が変わる。

そこには勇太ともう1人、大きな胸のかわいい少女がプールでじゃれあっています。

しかしこれ、妄想シーンだった・・・。

そして現実に戻されると傍にはヒロインの六花ちゃんが勇太に聖水をぶちまける。

やはりダークフレイムマスターという肩書きが拭えず。登校シーンではなぜかちびっこたちに大人気。

学校では幼馴染タイプのヒロインキャラが必ず1人はいますよね~。それが丹生谷森夏ちゃんかと?

そんな丹生谷森夏ちゃんと勇太は2人っきりでいい所だったのだがそこに六花ちゃんの横槍アタック。

ここでもキメラ研究者とかなんとかに変身し、中二病が炸裂する!

幅広いジャンルを網羅しているようだ・・・。手ごわい。

その後またまた準ヒロイン的存在の子が。続々と登場人物が増えてきた~。

猫を探しているという展開になり、五月七日くみんちゃんが登場。

なんて名前wwww普通にごがつなのかくみんと読みたいところだが、「つゆり」と読むらしい。

そのくみんさんも加わって六花ちゃんのお宅へ家庭訪問を行います。

そして壮絶なバトルアニメへと・・・?六花ちゃんの姉だという十花さんが登場。

おたまが武器なバトルに壮絶も何もないね・・・。ただの姉妹喧嘩。

しかし六花はまたも中二病設定が炸裂し、バトルに不可視境界線管理局?変な設定をとりこむ。

ここから京アニさんの本領発揮。そりゃもう動く動く。ベランダに出る時のCGは歪みなかった。

しかしバトルは大技を決めようとした六花ちゃんがあっさり自滅して終わり。ドジッ娘の称号ゲットだね!

その後十花姉さんから猫のキメラをどうにかしてもらいたいとお願いされる勇太。

十花さんは猫アレルギーなのか、とにかく猫が苦手な様子。

お願いされた勇太は「でも・・・」と乗り気ではない様子。

そこで十花さんが取り出したアイテムは勇太が中二病真っ只中だった時代に録音されていた

ダークフレイムマスター!!だのなんだの勇太が喋っているテープ。なぜそれをあなたがw盗聴かよ!

それを音量MAXで流し十花さんのドSプレイが炸裂wもう許してやれよw



そして六花と十花の最終決戦へ。

互いに武器を召喚して壮絶バトルが繰り広げられてたもんで、中二病じゃなくてマジの能力だったのか!?

と驚きを隠せませんでしたが・・・やはりこのアニメは期待を裏切らない。

壮絶バトルは六花の頭の中で変換された中二病バトルでした~。

安全には非常に配慮されておりますのがご安心してバトルを眺めることができます。

結局おたまの一撃でまたまた十花勝利。

勇太と六花とくみんは並んで正座。なぜくみんさんまでもwこういうキャラなのか!?

とりあえず猫のキメラ君かっこよすぎるから、勇太の家で飼うことをなりました~。








スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。