美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい! 第6話 贖罪の…救世主(イノセント)

2012.11.21 (Wed)
1121.png

こんばんわ~。中二病第6話の感想です。

六花あぶねえwwベランダからベランダをロープで渡る。普通に玄関から入れよw

そして勇太の部屋にやってきて、結社での活動着が出来たと。そのTシャツには「闇焔」と。

意味はもちろんダークフレイムマスター、そして六花のTシャツは「邪眼」と。

もちろん勇太はあっさり却下。ここまで前フリ。


今日は美術の授業、お互いの人物画を描くことになりますが勇太と六花のペアはまずいんじゃないの。

2人とも中二病だということもあり絵がとにかくうまい。

勇太は普通に描くが六花はやはり、ダークフレイムマスターの戦闘中というお題で絵を描きます。

これをみんなに見られてしまうと・・・誤解を解くのが大変になってしまうので勇太は取り上げる。

あまりの黒歴史なのでね・・・。


ラブレターをもらった一色くん。いいなぁ!もらったことないぞ!!

一色はその手紙主が丹生谷ではないかと期待をします。丹生谷の本性を知っていれば絶対にあり得ない事ですがw



結社部では痛Tシャツで中二病が更にデットヒート

地味に勇太も着てるしw着る服がなかったからとw

そこに丹生谷がやってきます。丹生谷は怒り心頭の様子で凸守のもとへ。

弱点の牛乳を片手に攻撃を仕掛けます。

その後ろに一色君がやってきます。丹生谷の破天荒っぷりを目撃してしまう。

そういや丹生谷の崩壊キャラはまだクラスメート全体には浸透してないようですね。

凸守はやっぱり強い。モリサマーの黒歴史露呈攻撃であっさりノックアウト。

いつも敗因はソレじゃないですかー!



放課後、一色は丹生谷さんに相談しに。

一方六花は踏み切りの前では風を感じていました。

丹生谷は誰かのイタズラでもなさそう、女子からのラブレターだろうと推測します。よかったねえ!

六花「風が・・・くる・・・」

ちょっとシリアスな感じのシーンだなぁと思いました。

電車が通り過ぎる時の風を感じていました。何を意味してるんでしょう・・・。




そして翌日、一色が踏み切りで落とした手帳が大事に。

手帳の中身が結構問題になるような感じだったらしいですね。女子のランキングだとか。

一色は素直に名乗り出ます。

正直に名乗り出たせいなのか・・・?拍手が巻き起こる。ここ、拍手するところ!?

そして丸坊主の刑にさせられる。なぜか結社部の部室のなかで断髪がw担当は勇太。

部室には一色と勇太の2人きり。なにやら変な空気。

一色は勇太に感謝の気持ちを告げる。男同士の熱い青春なのか!?

そして・・・丸刈りにされた一色。綺麗過ぎる丸坊主に結社部のメンバーは大爆笑。

一休さんばりのツルツルテカテカな綺麗すぎる坊主になりましたね。

結局ラブレターをくれた女子はいったい誰だったのかわからず。なんかいろいろ可愛そうにみえてきた。

しかし丸坊主の容姿を生かし、一色は一世を風靡します!そりゃ映えるよね~。



そしてラスト、夏休みに入る・・・ということで、

毎年勇太の父は夏休みになると日本に帰ってくるということらしいのですが

今年に関しては都合が悪くこちら側からジャカルタに単身赴任している父のもとへ足を運ぶことに

なりそうだったのですが、そのすぐ直後、十花からお願いが。

「お前に頼みがある。夏休み、六花と一緒に来てほしい、お前が必要だ・・・」

かなり険しい顔の十花。何か事情があるようですね~。

果たして勇太はどうするのでしょうか?・・・







スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。