美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H2O 第5話 神楽

2012.11.30 (Fri)
1130.png

こんばんわ~。H2O第5話の感想です。

やはりひなたとはやみはとても仲が良かったのですね。
まるで姉妹みたいでした。




琢磨の気持ちを聞きに海にやってきたはやみ。しかしそこにはひなたの姿も。

ひなたちゃんは強引に琢磨を引っ張ろうとします。力強すぎでしょひなたちゃん。

そしてひなたちゃんは突然の告白。それを見たはやみちゃんは

もう近づかないでと言い残しその場を立ち去ってしまいます。あああぁん。

翌日学校に行くと黒板にはひなたと琢磨の相合傘の絵が描かれていました。

小中学校までだろ!そういうことするのは!

一方はやみちゃんは暗黒モード。学校にはやってきたものの授業中に抜け出してしまいます。

琢磨はとにかくはやみちゃんが気になって仕方がない様子。それを追うひなたちゃんという構図。

そこに現れたのはひなたのおじいさん。一緒に夕食を食べようということで強制参加。

弘瀬様と言ってたのを琢磨君と言い換えたり、何かしら裏がありそうな感じですね。

琢磨が目的ではなくて、弘瀬家について用がありそうな予感がします。

その夕食の席ではひなたちゃんは悲しい表情を浮かべていました。

琢磨はそれを察したのか僕が目的ではなく弘瀬家が目的なのだと考えます。

そしてひなたちゃんにその事を話すと

好きです、好きですと、何か誤魔化そうとしている様子が伺えます。




おじいさん「弘瀬家は古くから伝わる由緒正しき家。その家と縁を結ぶ事が出来れば、我が神楽家は・・・」

ひなた「わたしはは、もう、こんなことは.....」

おじいさん「ほたるは死んだ!分かっているな、ひなた?」

ほたる・・・初めて見かけるフレーズですね。

相変わらずおじいさんのいいなりになってしまっているひなたちゃんです。

一体神楽家とは何なのか・・・。謎が多い。



はやみとひなたの過去についてはまじの元へやってきた琢磨。

相変わらずなはまじだ。どうみても男がじゃない件。

やはり昔ははやみとひなたはとても仲が良かったとのこと。幸せの飴玉の話も出てきました。

そんな中起こったのが村人たちによる鬼退治事件。

おじいさん「こひなた家のもとと関わるとどうなるか、お前が招いたことなのだ。」

おじいさん「神楽ひなたはいい子ではないのか?いい子のひなたはわしの言うことを聞けんのか?」

ひなたはこのおじいさんの影響でいい子を目指すようになったわけですね。



今回も音羽ちゃんが登場。相変わらず派手な登場ですね。

大体スカートやパンツが絡んでくる登場が多いね。琢磨には刺激が強すぎる気がする。

琢磨の相談を受ける音羽ちゃん。前半ちょっと茶化されるが

音羽「でも、幸せじゃないんでしょう?ホントの気持ち隠してちゃホントの幸せになれないよ。」

音羽ちゃんわかってる!!多分。

そのアドバイスを聞いた琢磨の粋な計らいでひなたをはやみの家へ連れて行きます。(強制)

そしてついに仲直りする瞬間が訪れます。

ひなた「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・はやみちゃん」

はやみ「飴玉は幸せの味。口の中で花が咲くって・・・・・・・ひなた(笑顔)」

それを遠くから眺める琢磨。何はともあれ5話で仲直りするとは良かった良かった。

今後の展開が気になりますね!


スポンサーサイト

コメント

こんにちはー。


相互リンクの件の申し出ありがとうございます。
こちらもリンク貼らせて頂きましたのでご確認ください。


それでは、今後ともよしなに。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。