美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H2O 第9話 穂積

2012.12.05 (Wed)
1205.png

ゆい様可愛いよゆい様。


町の恒例行事である夏祭りがいよいよ始まろうとしていました。

それにしてもものすごい数の鈴ですね。夏祭りというか鈴祭りとも思えそうで。

そして琢磨がその鈴をキーホルダーとしてカバンにつけて学校に登校すると

なにやら女の子達から異様な反応が。

どうやらこの鈴、女の子に告白するときに用いる道具だと。

それを知らない琢磨と、女の子たちの反応がかわいくて良かったですね。特にゆい様の反応が。

しかしその後の話で琢磨のつけていた鈴というのはお母さんの形見だったそうで

クラスのみんなの誤解を生んでしまったわけですね。

ちょっと寂しげな表情の琢磨。

そしてひなたとはやみの入浴シーンが突如訪れる。サービスシーンですわね。

そして琢磨の事について2人で話をしていると・・・

村人達の連中がはやみの自宅を火の海へと襲う。

大人たちは相変わらず小日向に対して反目があるようですね。

そして行き場を失ったはやみは琢磨の自宅へ。おじちゃんも空気を読んで琢磨とはやみを2人きりの世界へ。

おじちゃんいい人すぎるね。

風呂場でのやりとりがまたニヤニヤシーン全快でしたね。今回はやたら入浴シーンが多い。

2人っきりになったところではやみは琢磨の母親の事に関して話を聞こうとしますが

あまり話をしたがらない様子の琢磨でしたが母親は自殺してしまったらしいです。琢磨を置いて。

因果応報という台詞がほたるのおじいから出ましたがはやみと母親に何かしら関係があるのでしょうか・・・



そして夏祭りの日がやってきます。

直した鈴をひなたははやみに持っていってほしいと伝えます。

琢磨は岡の上ではやみを待っていると。

そしてはやみは琢磨の元へやってきて鈴を渡そうとしますが、琢磨からは

「それ、持っていてくれない?」

この流れの告白のシーンはとても良かったですね。

完全に最終回とも思えるような終わりかたでしたが~まだ@3話あるんですよね~。

非常に暖かい雰囲気で終わりましたがこの残り3話でもうひと悶着ありそうな予感がします。




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。