美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 第3話 「まよいマイマイ 其ノ壹」

2012.12.15 (Sat)
1215.png

暦はツーリングの途中、近くの公園に寄ります。そこにひたぎさんがやってきて・・・
ひたぎさん、さっそくツンツンモードに戻ってるうw
まぁあのデレデレモードでこれから最終回まで引っ張るのも無理があるだろうしこんなもんかな。
やっぱりひたぎはこうでなくっちゃあね。確かに若干デレが入っているような気もしますが・・・。
というかもうこの段階ではひだぎの体重は戻っているのかな?
改まってひたぎから感謝の言葉が。顔が近い近い近いwホモ展開じゃあるまいし!
まるでこれから告白されてしまいそうなシチュエーションですわね。

しかし期待させた反面友達止まりだぁ!と宣言されてしまい暦は若干がっくし。
まぁまぁ、夫婦漫才とも思わせるやりとりですねお二人さん。
それにしても本当閑散としている公園ですね。暦とひたぎがまるで貸切で使ってるような感じだ。
その割りにかなりのアトラクションがある模様で遊びまくり放題ですね!ってか広すぎぃ!

ネタが豊富なこのアニメ。ドラゴンボールネタまで飛び交います、視聴者にも分かりやすい安心タイプ。


助けてもらったお礼になりか力になりたいとツンツン交じりに訴えかけるひたぎ。

「本当に何でもいいわよ
1週間語尾に「ニュ♪」とつけて会話してほしいとか
1週間下着を着用せずに授業を受けてほしいとか
1週間毎朝裸エプロンで起こしに来てほしいとか
1週間浣腸ダイエットに付き合ってほしいとか、阿良々木君にもいろいろ好みがあるでしょ?」


詳しすぎぃ!よく研究してらっしゃるねひたぎ様は。
しかしここは童貞というステータスを粉砕する大チャンスではないのけ!?

「童貞はがっついていないから相手が楽でいいわ!」

「あの 戦場ヶ原 お前だって別に経験があるわけじゃないんだろ??」

「何言ってるの?私は経験者よ!!」

「そうなのか・・・?」

「やりまくりよ!」

「えっとなぁ、仮に本当にそうだったとして
その事実を僕に対して告げることが戦場ヶ原、お前にとってなんか利益になるのか!?」


「わかったわ・・・訂正します。経験はありません 処女です!!」

公園でなんてはしたない会話をしているんだお前らは!!
しかしこの2人の会話は面白いなぁ。台詞がいちいち面白いですよねこのアニメ。
とりあえず暦おめ!処女だってよおい!!ひたぎがとてもかわいく見えてきたんじゃないんです!?


「じゃあそうね・・・彼女がほしいとか?」

ドキっとする暦!しかし・・・

「いや・・・そういうのは、別にないな」

何してんの自分!しかし反応に「器が大きい」とひたぎが呟いた所とか意味深だなぁと感じました。
もうBパートに入ってるというのにかれこれ2人の会話のみw噛み合ってるねえ!


どうやらようやく今回の本題へと入るみたいです。
案内図を見る小学生がひたぎと暦の前に。迷子っぽい雰囲気がありますね。タイトル通りの。

この子もツ・ン・デ・レ!!

暦が話しかけに行こうとすると・・・

ひたぎ「やめておきなさい、傷つくだけよ。」

相変わらず酷いことはズバズバ言いますねw
小学生に話かけに向かいますが・・・

「あなたの事、キライです!!」

暦の事を知っていたかのような反応っぷり。ひたぎの元へ落ち込みながら戻ってきた暦。
もう1回レッツチャレンジ!
すると今度は無視されてしまう。
更に更に暦の挑戦は続く。

なんと・・・襲うとは!
小学生に無視されたからって・・・後ろから殴りかかるたぁ流石童貞だな!
そこから執拗にアピールすることでようやく口を聞いてもらえるまでに。
なんでそこまで嫌われてたんだよ・・・w過去に自分の知らない間に何かやらかしてたのか!?

この子の名前は八九寺真宵。やはり迷子だったようですが・・・

「私・・・蝸牛の迷子です。」

「はぁ?」

「いいえ・・・なんでもありません・・・」

蟹の次は蝸牛ですか。スケールは小さくなりましたけど共通してるのは生き物って事ですか。
この子は一体何者なのか気になるところで今回のお話はおしまいです。
この小学生も敬語で話せてるしなんていうか、登場人物みんな頭良さそうでうらやましいですわ!





 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。