美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 第6話 「するがモンキー 其ノ壹」

2012.12.21 (Fri)
1221.png


さぁ今回からまた新たなお話が始まりますね。
するがモンキー。神原駿河さんが今回の主役のようです。

おお!真宵さんではありませんか。健在だったんですね。
そんな真宵と暦のトークからスタート。この2人の会話は相変わらず面白いですね~。
相変わらずといえば真宵のリュック。いつもからってるけど一体中には何が入っているのやら。
あんな重そうな荷物を毎日のように・・・ピッコロみたいなものなのか!?

そんな2人の背後から全速力で駆けつけてきたのは神原さん。

「やぁ、阿良々木先輩奇遇だな。」

どうみても奇遇ではないんだよなぁ・・・。
カナリのボーイッシュのようですね。眉毛もとても凛々しい!

しばらく暦と神原の会話が始まります。見た目とは異なりとても女の子っぽい感じがします。
今更ながら制服かわいいですね。デザイン好きでござりまする。
神原はバスケをしていたらしいのですが、今は怪我をしてしまい部活を休んでいるそう。
まさにバスケ顔ですよね、背番号4が映えますよ。
彼女が暦に一体何の用なのか気になります。唐突すぎたので。
そして去る時も颯爽と去っていきました。何をそんなに走りたがるんでしょう。

その後はひたぎの家で勉強会。ひたぎから勉強を教わるとはどんな幸せものなのでしょうか。

「何が分からないか分からない」

今まで分からないことなんて一切なかったひたぎからの重い一言。
これは暦にとっては辛いですなw
とにかくこのアニメ、会話が多い。本編のほとんどが会話ですよね。マントゥーマンで。
ここからの2人の会話、面白かったり、恐ろしかったり、いろんな要素が含まれておりますので注意が必要です。
会話のレベルが高すぎて、ときより日本語ではないんじゃないかと思うほど。


そしてこの会話の中で暦はひたぎに神原の話を持ち出します。
どうやら神原はひたぎの後輩分に当たるようです。
そして神原はひたぎに憧れていたそうで、それをひたぎ本人が言うぐらいなんですからそうなんでしょう。

そのとき、シャーペンが凶器と化す!

暦の目の前にシャーペンが。怖すぎますよひたぎさん。ひたぎさんの場合マジでヤリそうなんで
リアルに怖いんですよね~。喋り方もそうですし・・・。

「僕は戦場ヶ原一筋だ!」

この発言で気分を良くしたひたぎはなんとか平静を取り戻す。

ひたぎ戦場ヶ原のこわ~い話。

ちょっとかわいいですけどねwツンデレなのかヤンデレなのか全く分かりません。

本題に戻り、神原の話へ。
以前は先輩後輩の関係があったが現在では赤の他人だと。
いかにもひたぎさんらしい発言ですねw
今現在2人は混ぜるな危険という関係なんでしょうか・・!?

「上は洪水、下は大火事な~んだ?」

そりゃあ風呂釜だろ!と元気よく答える暦ですが答えは神原の家だとひたぎが説明。
この段階ではよく意味が分かりませんが、なにか複雑な事情があるものだと分かりますかね。
とにかく神原にとってひたぎは憧れの先輩だったようですね。
それだけに今の関係性というのがとても気になるところではありますが。
ひたぎ曰く、神原の事を迷惑と思っているらしく、真意が気になるところです。

自転車を引いて帰る途中の暦でしたが、途中で預かったお金を忘れていたことに気づき、
ひたぎの家に戻ろうとします。
ついに今回の怪異とやらが行動を始めだしたようです。
暦の背後には合羽を着た怪異らしくものが。
その怪異に暦は吹っ飛ばされてしまいます。治りやすい体質ではありながら流石にこれは重症レベルでしょう。
かなり血まみれになってしまいます。普通の人間ならおじゃんですね。

しばらくしてひたぎが暦を起こそうとやってきます。

「忘れ物、届けにきたんだけど・・・」

反応が薄い!ひたぎがやってきたときは既に怪異はいなくなっていました。
暦にしか姿を見せない・・・?
気になるところで今回は終了です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。