美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 第7話 「するがモンキー 其ノ貮」

2012.12.22 (Sat)
1222.png

謎の怪異に襲われてしまった暦。その正体とはいかに。
体ズタズタになっているというのにこの会話は一体・・・。シュールすぎます。
しかしとてもそれはとても男にとって最高なプレゼントをひたぎからサービスしてもらいます。
救急車いらない事自体がそもそも凄いことなんですがね。

常軌を逸したホッチキスOPがやって参りました。しかしこれが落ち着くというね。

んでもって、怪異に襲われた次の日、もちろん向かったのは神原のお宅へ。
昨日の今日の事だからそりゃあ気になることも仕方がないですね。
神原の部屋に入るとそこにはごみ屋敷レベルの汚い光景が。しんちゃん家のふすまの中みたいな。
というか赤い本だらけっていうのが不気味な感じですよね・・。
さぁ、ここから暫く暦と神原のターンが続きます。お得意の会話シーン。
単刀直入に言うと昨日襲った怪異というのはやはりこの神原だったということ。
しかし当の神原はそれがあまり記憶として残っていないらしい。トランス状態?
ん~、悪気はなかったんです、すいません!ってな感じなんでしょうか。

「私はレズなのだ!」

という台詞を堂々と発言することができる神原。完全勝利ですね。
やっぱりひたぎの事が大好きで仕方がなかったんですね。流石バルハラコンビ。
暦がひたぎと一緒にいることにより、暦のもとへ接触しにやってきたわけですか。嫉妬・・?

こ、これは、ガチレズですね・・・。

暦には嫉妬し、ひたぎには絶望した・・・と。
そしてたどり着いた先が自分の左手。自分の左手に祈りを込めた結果、猿のような手に。
ひたぎに対する思いというのがひしひしと伝わってきますね。本当に好きなんだと。


さぁこうなってくると忍野兄貴の出番です。
忍野の元へ到着するまでの会話もやっぱり欠かせないのがこのアニメ。
神原は天然なのか?それとも熱血漢が強すぎるのか?よく分からないキャラクターだ。
レズの話の次にはBLの話ですか。男でも女でもオカマでもいいんだな!
あまりにもカオスすぎて話についていけません・・・。


忍野の住むビルに到着すると、上り階段の片隅で忍ちゃんが体育座りしています。
体育座りはデフォルトだと思うのでともかく、なんであんな所に座っているのかというと・・・
メメがミスタードーナツを1個食べてしまったことにすねてしまったらしい。
どんな吸血鬼だよ!!ドーナツ好きなのか知らないけど、拗ねるとかかわいすぎわろたw

というわけで本題へ。
いつものように暦を待っている忍野。遅かったじゃないかという台詞を聞くとエスパーなんじゃないかと
思っちゃうわけです。本当謎が多い方ですわ。
やっぱり気になるのは神原の左手。腕がらみの出来事というのは厄介なことが多いらしく
更にそれが左手になるとスーパー厄介なようで。よりによって左手でしたね~。
その左手の包帯をとき、忍野に見せると、やっぱりなという反応を示します。
どうやら猿の手と思われていたようですが、実は猿の手ではないらしい。

魂と引き換えに望みを叶えることができる手。

今回の解決手段はかなり梃子摺るような気がしますね。
そんな末恐ろしい手が目の前にあるわけですからね。暦は一体この現場をどう乗り切るのでしょうか。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。