美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 第9話 「なでこスネイク 其ノ壹」

2012.12.26 (Wed)
1226.png

今回からはなでこ編に突入というわけですね。なでしこじゃなくなでこですか。

暦と神原はメメさんから仕事を依頼され竹林を歩いていました。
山の神社に行き、お札を貼ってきて欲しいとのこと。
メメが行けばいいと思いますが暦には借金返済という重荷があるため断ることはできないですねw
神原も前回のことがあるため一緒に向かうことになったんでしょうか。
というわけで今回ひたぎさんは欠席。なんでついてこなかったんだろう。
またまた後からやってきておいしい所全部持っていくつもりだな!

そんな中神社までの階段を登っていると、その階段を降りてくるなでことすれ違います。
あらかわいい。この子がなでこですか。暦の妹たちのようですね。見覚えがあるような反応を見せる暦。
そして境内に入っていく2人。
ここで急に神原が疲れだします。いくらバスケをしていないといっても体力バリバリあるようなイメージですが。
なにか訳ありのような気がしますね。
神原は持参してきた弁当を食べようと。どうやら大量不良の時はご飯を食べると元気になるらしい彼女。
と言うわけで飯の準備をしている間に暦は仕事を済ませようと本殿へ向かいます。
妙にBGMが暗くて不気味なんですよね~!神原の感じも違和感がありますし。

暦は本殿にたどり着き、あっさり札を貼ることに成功。
忍野から依頼されたクエストを見事にコンプリート!といきたい所なんですが・・・
暦は神原のもとへ戻ろうとすると神原の姿が見当たらない。
すぐに神原を見つけますが、その神原はある木を見て驚きの表情を隠せずにはいませんでした。
その木には大量の血が。更に大量の「ヘビ」の死体がそこにへばりついていました。
これは先ほど階段を降りていったなでこが犯人としか言わざるを得ないような気がします。
あんな小さい子がこんな残虐なことを、なんたるぎゃっぷ!!


ここから羽川さんのターン。
羽川の的確な分析力半端ないですね。
誰にでも優しい暦に対してアドバイスを。
そんな羽川ですが頭痛を感じるシーンが。家庭的な事情も複雑なようで、
それが影響しているのか進路も進学することもなく2年ほどかけて旅に出たいらしい。
流石に優等生の考えることは違いますわ。スケールがでかいね。

羽川と分かれた後、肝心の撫子を見つけ出します。
撫子は本屋で呪術に関する本を立ち読みしていました。
呪術と聞いてアブドーラ・ザ・ブッチャーを思い出す私は異端。
暦は再び神原の協力を得て、神社のほうにやってきます。
すると撫子が蛇を殺していました。
結局撫子がやっていたことは発覚しましたが、撫子の表情がやろうという意思とは反しているような気がします。
それを見つけた暦が

「やめろ!千石!」

「暦おにいちゃん・・・」

撫子は暦のことをしっかりと覚えていました。誰やねんって感じを覚悟していたようですが良かったよかった。
撫子は暦の妹の友達だったようで小学生の頃に一緒によく遊んでいたらしいですね。暦も混ざって。
色々話をきくため3人は暦の家にやってくる。神原ノリノリすぎw
男の部屋に入るのは初めてらしい神原はさっそくエロ本探しというイベントに。
下準備がしっかりしてますね神原さん・・・。さすがノリノリド変態です。
そんな夫婦漫才を繰り広げる暦たちを見た撫子が微笑みます。

ここからエロ若干グロシーンへ。
撫子は暦たちを信頼しているからこその行動だったんでしょう。
撫子は服を脱ぎだしブルマいっちょうになります。ブラもないとか危ない危ない・・・。
まぁもちろん反応するのはブルマですよね。なんと神原が渡したものとのこと。どこに隠しもってたんだ。
神原って実は男なんじゃないのか!?抜け目ないぞ。

撫子の体には蛇の模様みたいなものがたくさん張り巡らされていました。
自分の裸を見せたことに恥らう撫子かわいいすぎい。
暦はいやらしい目で見てないと最初は言うものの神原の意見からそれを捻じ曲げ態度を変えます。
すると撫子が泣いてしまう。ああん、中学生泣かせちゃったよ暦さん。

「撫子、こんな体嫌だ!嫌だ助けてよ、暦おにいちゃん!!」

単純に今の体が辛いって意味で泣いてしまった部分もあるでしょう。
さぁ次回はこの蛇の怪異を取り除く作業に取り掛かるわけですね。パターンが分かってきましたよ~。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。