美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 第11話 「つばさキャット 其ノ壹」

2012.12.28 (Fri)
1228.png

話数的にもこれが最後のエピソードでしょうか。
今回からは羽川をピックアップしてお送りしますというところですか。

顔のガーゼが気になるところですがとりあえず羽川の家庭事情について。
どうやら羽川の両親は本当の両親ではないらしい。だから家にいるのは辛いと。
休みの日には必ず散歩しているという羽川。家にいるだけでぞっとするとはどんな家庭環境なんでしょうか。
顔のガーゼは今朝父に殴られた跡らしい。完全に虐待ですよそれ。
そんな危ない家で今までずっと過ごしてきたんですか。暦は不安を感じていました。
女の子殴るなんてサイテーね!!!

話がまとまり歩いている2人はその途中でしんでしまっている猫を見つけます。
その猫の死体が気になるのか放っておけない様子の羽川。
この先の伏線ですかね。猫が怪異ということですよね~これは。

久々のひたぎOP。安定感があるような気がします。これはひたぎさん大活躍の予感。

暦と撫子
撫子が校門前で暦のことを待っていました。
この2人の会話・・・相変わらずマニアックすぎる。
どらえもんの秘密道具が出てくるなど、しかもタケコプターとかメジャーなのではない道具が。
撫子の用事は前回の件について改めて感謝の気持ちを伝えたかったらしい。
撫子の表情を伺う限りそれプラス暦お兄ちゃんに会いたかったからという理由付けも付加されてるような感じも。
神原への用事を済ませなかった撫子は暦に頼むことに。
その頼みというのが・・・ぶるま!!!ちょうちんぶるま!!!
そのなまなましいぶるまを素手で掴み取る暦!とったどー!!!ですね。
旗から見るとただの変態ですが暦はとにかく勝ち誇った様子。おめでとう。


ここで暦と待ち合わせをしていた羽川もやってきます。
その途端撫子は恥ずかしがってその場から全速力で逃げ出してしまう。砂埃が立つほどの脚力です。
これには流石の羽川もショックの色を隠せない様子w
あんな逃げかたされるってもやは犯罪者レベルですからね現実世界なら。

しばらくの会話が続いたあとゴールデンウィークの回想に。
ここで怪異の正体が明らかに。
下着姿の羽川は苦しんでいました。すると羽川の体が光、何かに進化しようとしています。
髪が真っ白に染まり、猫耳が生えてきてなんだか確実にかわいい生態へと変化しようとしていました。
これが怪異!?ってのが第一の感想でした。普通にかわいい件。ってか通常の羽川よりも・・・いいんじゃないの
これまでの羽川の姿とは大違い。
メメの説明によると

「障り猫」

だそうです。
変化した羽川は言わばブラック羽川。単純に言うと二重人格だということ。
どうしてこんなことになってしまったかというと「ストレス」が原因らしいです。
表側の羽川にたまりにたまったストレスが原因でこんな人格が芽生えてしまったのか。
どんだけストレス溜まってたんだって話ですよね~。
いやいや侮れないですよ。現実にもストレスって怖いですもん。
ブラック羽川となってしまうと溜まっているストレスを発散するまで元の姿には戻らないという。
無差別に人を襲い、エナジードレインとやらで人の体力や生気を奪っていきます。
1年以上人を襲い続けないとこのストレスは解消されないって・・・。
家庭環境の問題でしょうが相当量のストレスですよね。普段の姿からは想像できないですよね~。
暦も追い詰められどうなるかと思いきやしのぶちゃんがやってきて暦は助けてもらいます。
しのぶちゃんがブラック羽川に噛み付くことで羽川のストレスはなんとか解消。
いつも思うがしのぶちゃん最強伝説ですよね。怪異としての格が違うらしいですw

このような出来事というのは当の本人は分かっているのでしょうか。
羽川に最近頻繁に起こる頭痛が気になるところですね。それを執拗に気にかける暦の姿を見ると
やはりこの頭痛からは危険な匂いがしますね。
そんな暦の優しさが羽川にとっては辛いようですね。

暦は水着とぶるまを手づかみで持っていることに気づき、それを羽川に突っ込まれ今回は終わりです。
いよいよ次回でテレビ版が最後ですか。あと1話でどうまとまるんでしょうか。ってかひたぎ出なかった。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。