美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第6話 「夏休み!」

2013.02.15 (Fri)
まさかのつるぺたED

夏休みとな!
季節外れの夏休みすな~。

ESP研の面々は再び春香の実家へ遊びにやってきます。
変わったことと言えば森谷さんが加わりメンバーが5人になったことくらいですね。
というかあのメンバーの中で森谷さんは「はぶられキャラ」として定着しかかってる!?
そんな彼女をフォローするのが春香。
今まで夏休みを楽しむことの出来なかった春香だからこその行動だったんでしょうね。
とにかく今回、春香にとってとてもたのしい思い出になったようでよかったですね。

相変わらず真鍋と春香のおじいちゃんは話が合うのか合わないのかよく分かりません。
しかし以外と鬼畜な一面もあるのでしょうか、それは部長にも言えることなんですが
春香に対する鬼畜プレイが少々。あれだけ怖がりな春香もどうかとは思いますがw

真鍋のエロ妄想に対して「エロスが!」というツッコミはもやは定番となってきてますね。
今回も相変わらず、特に夏休みというシチュエーションなだけに真鍋のエロ妄想が止まりません。
それでも小学生的な要素も持っていて「何して遊ぶ?」とかいう台詞を耳にすると
微笑ましくてなりませんね。春香もそんな真鍋を純粋に受け入れているようですし。

まぁ今回のメインイベントとなるでしょう、海での水着公開の時間がやってきます。
やはりダントツにでかい部長、続いて森谷、そして春香の順ですね。
顔色1つ変えず軽くあしらう室戸先輩は流石でしたね。
部長と森谷がもろ水着の中、春香だけはなかなか水着の上に着ている服を脱ごうとはしません。
私的にはむしろ最高峰の逸材だと思うんですけどね。自信を持てよ!!と訴えたいところ。
普段は人の心を読む立場の春香ですがこのときばかりは逆に男子たちに心を読まれてしまいましたね。
意を決したのか砂浜を走り海に飛び込む寸前に服を脱ぎます。
真鍋に見られたくなかったんでしょうね、かわいかったです。
まぁ真鍋はそんなん気にするほうじゃないと思うんですけどね。
春香にとってある意味真鍋の残念がる心を見るのが嫌で寧ろ普段のエロ妄想を期待していた!?

真鍋はもちろん一目散に春香のもとへダッシュ。
しかしそれを振り切ろうと浮き輪で逃げる春香。当然胸を隠しながら。
野生の猫のような春香は新しかったですね。
よくあるパターンである沖に流されてしまうという悪いイベントが発生。
もっと深刻な展開になるのかなぁと見ていましたが真鍋がボートですんなり回収。
ボートの上で真鍋に春香が泣きつくシーン、抱擁されて真鍋は何を思うのかとひやひやしてましたが
ここは流石に自重してくれましたねw青春真っ盛りで素晴らしいなぁと感じる瞬間でしたね。

その後はついに待ちに待った春香の手作り弁当を食べることもできたし
真鍋にとっても最高の1日になったのではないかと思いますね。

もっとも度肝を抜かされたのは最後のEDだったわけですがw
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。