美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルフェンリート 第13話 不還

2012.10.06 (Sat)
こんばんわ!

ついにエルフェンリートも最終回まで来てしまいました。

最終回ってなんだかあぁ~これで終わっちゃうのかぁ。寂しいなぁって気持ちにいつも駆られてしまいます。

みなさんはどういう気持ちで見てるんでしょう・・・

さぁ、どんな結末が待っているのか、はっきり言ってハッピーエンドな終わり方が見当たらないw

神OPが拝めるのもこれが最後や・・・飛ばさず見るやな。

ななを抱きかかえていたのはクラマ。いつの間に・・・

坂東再び仰向け拘束プレイに襲われる。何回目だよwルーシーも流石に呆れてきそうやが。

ここで衝撃の事実が明かされる。

なんと、35番はクラマの本当の娘だったと。え?じゃあななは!?

35番はベクターが封じられ暫く休んでいたがすぐに金縛りが解けたのかベクターが使えるように。

そして最終決戦なのだろうか。

35番の目的はルーシー。ルーシーもその事に気づいているようでルーシーの方から35番の方へ足を運ぶ。

ルーシーと35番の激しい戦いが始まった。

35番のベクターの数が凄まじすぎる。

ルーシーもそれに吹き飛ばされ、その衝撃でルーシーの片方の角が吹きとぶ。ルーシー瀕死状態。

そこにクラマが到着。

クラマ「マリコ!」

マリコ(35番)「おとうさん!」

本当に親子なのか・・・。

クラマはそのマリコに対して銃口を向ける。

しかし予想はしていたが銃を下ろすクラマ。

お前のことは片時も忘れた事はなかったとクラマはマリコを抱きかかえる。

クラマ「なな、お前だけは幸せになってくれ」

ななにこう告げてクラマとマリコはその場から立ち去る。

クラマ「お前に会ったらこれだけは言っておきたかった。お前のお母さんは最後までお前を愛していた。」

マリコの中にある時限爆弾にスイッチを入れていたのか大爆発をお越し・・2人は・・・

これはクラマがスイッチを入れていたのか。

気絶していたルーシーがナナの元へ。

ルーシー「私に出来なかった事を、お前にしてほしい・・・」

ナナにこう告げるルーシー。

その後ルーシーはコウタの元へ訪れる。

コウタとルーシー2人っきりのシーン。こんなの今までなかったな。にゅうじゃなく間違いなくルーシー。

ルーシーとコウタの会話がここでしっかりと交わされる。

ルーシーはコウタに謝りたかったらしい・・・

ルーシー「悲しい思いをたくさんさせてしまったごめんなさい・・・」

コウタ「君だってたくさん悲しい思い出、してきたんじゃないのか・・・」

感動的なシーンでした。是非自分の目でみてもらいたいです。

そしてルーシーは自ら組織たちの下へ。組織たちはルーシーを発砲。ルーシーは反撃もせず身構える。

そしてもう片方の角が外れるシーンを経て平和が戻った楓荘のシーンへ。

コウタ、ユカ、なな、まゆが食卓を囲んで食事を。そこにはルーシーの姿はいない。

しかしペットのワンタが泣き出し、お客さんかな?と玄関を覗くと人影が。

その瞬間楓荘にある古時計が12時を指し、Liliumのオルゴールが止まる。

コウタ「あれ?動いてる。」

これが最後の台詞でした。

あの最後に出てきた人影は普通に考えるとルーシーだよなぁ・・・

最後に少しながら希望を握らされた感じで終わってしまった。うまい切り方ではあるけどw

最後に動き出した古時計が何かを示しているんでしょうか。

とりあえず全部見てしまった!どうなるんや!?漫画もあるみたいなので購入決定やなw

また後でまとめみたいなもんを載せたいと思います。

his.png

最後の人影↑ ひどいなwでも本当に誰なんだろう。最後のシーンは何を意味していたのでしょう・・・



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。