美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 第3話 偽者の顔

2012.10.14 (Sun)
mizu.png

こんばんわ~。

べに、あか、いや違います。「くれない」です。小学生が書いたような絵が上にありますが気にしないw

今日も紅、見ちゃいます。

日曜日の夜。サザエさんを見るとあぁ~、日曜日が終わるぅという気持ちに駆られますわ。

気持ちの切り替えが大事なんですね。

そこには前回とは打って変わって平凡な真九朗がお弁当に食らいついていました。

その隣にはゆうのさん。メガネの子は銀子さん。この2人は犬猿の仲のようだ。

真九朗が住んでいる所の名前がようやく分かりました。五月雨荘って言うみたいですね。

その五月雨荘では紫とたまきさんが。毎日ぐーたらな感じなのかたまきさんは。

真九朗に会いに行こうっていう話で紫とたまきは学校へ。

紫はあちこちの部活を見学。陸上部の後ろを懸命に走ってる姿がかわいかった。

いつ真九朗にバレることやら。学校では小学生が混じってると少々騒ぎが。

銀子さんもまたいっつも同じ教室で1人でパソコンに向かってる姿しか映らない。

彼女は情報屋らしい。銀子が真九朗に情報を提供してそれを真九朗がこなす?いわゆる仕事って奴か?

紫は理科室にまで進入。人体模型を見て真九朗に電話。裸の上に裸ってwwwwまぁ初めて見るわなw

さてはたまきさんの仕業だと真九朗は思っているところからまだ学校へ来てる事には気づいてない様子。

紫はゆうのさんに呼び止められ、学校の事を教えてもらう。

その中の会話でゆうのさんは九鳳院の事を知っていることが分かった。

この人も何かしら裏がある感じなのか。

その後男子たちの会話を耳にした真九朗はついに紫が学校にいることに気づき紫に電話を掛ける。

男子A「あれなんだったのかなww」

男子B「誰かの妹でしょww」

男子C「あの喋り方は変だよwwなんとかであるww」

そりゃ特定されるわ。こんなませくれた小学生はいないw

その後の紫と真九朗とゆうのさんの3人の会話がカオスすぎてよく聞き取れなかったw

その後帰りの電車の中で、やんきー3人組が席を陣取っており、高齢者が座れず困っている姿を見た紫が

やんきー3人組の前に向かっていき無礼者!!その年まで何を学んできたんだ!と。

7歳の子に説教されよるwwwっていうかその勇気が凄いよ紫ちゃん。

その後気まずい展開になり真九朗もかけつけ、ヤンキー達に頭を下げる。すいませんとペコペコと。

真九朗は1発殴られたりツバをかけられたりしたが何も反撃することはなく終始謝った。

紫の前では喧嘩している姿は見せたくなかったと。一方紫は自分のしたことは間違ってない。

お前の不細工な笑顔を見るのは嫌だと。お互い対立する。この辺は結構シリアスなシーンでした。

その夜、紫に部屋の外で仕事の話をしている所を気づかれてしまい、真九朗の跡をついていってしまう。

今更ですが、いつも五月雨荘の外で見張り番みたいな事してる女の人がいるけど彼女は一体誰なんだろう。

紅香さんと連絡を取ってる様子を見ると紅香さんの部下みたいな感じか。真九朗がしっかり紫の面倒見てるか

チェックしてる感じか。よっぽど重要な任務なんでしょうね~。




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。