美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 第6話 貴方の頭上に光が輝くでしょう

2012.10.19 (Fri)
1019.png

こんばんわ~。

金曜日の夜。テンションは最高潮。清清しい気持ちでアニメが見れるねぇ!

さぁ紅も6話。どんどん進んでこー。

今回はちょっと本編からわき道にそれて、まったり回か~。

公園のお祭り?ミュージカルに出演してくれないかと五月雨荘のメンツが誘われる。

闇絵さんは子供合唱団に所属していたということでボーカルは闇絵さんが担当することに。

五月雨荘のメンツはさっそくミュージカルで歌う歌の練習を。

しかしメンバーみんなで歌っていると、音程がおかしなことに。パート別で

1人ずつ歌うと誰か音痴なのか如実にわかる。なんと闇絵さんだったw棒読みやんw

闇絵さんは個別練習することに。子供合唱団じゃなかったのか!?

廊下での会話で・・・

真九朗「昔、子供合唱団に入ってたんですよね!?」

闇絵「ああ、小学生のころ、向かいのじゅんちゃんがね。」

お前じゃないのかよ!ってか誰だよ!ご存知みたいな言い方されても。

どうしようもないので助っ人を呼ぶ事に。夕乃さんだ。

しかし、夕乃さん、闇絵さんと甲乙つけがたいほどの音痴w音痴が増えちゃったよ~。

闇絵さんが目をつけたのは外で見張りをしている弥生さん。暇そうだとw

弥生さん曰くカラオケで自己採点、95点だという。

闇絵さんと弥生さんって若干雰囲気似てるような気がする。姉妹かと思うときも。

弥生さん、確かに歌はうまい。そんな弥生さんに指導を仰ぐ闇絵さん。

個別指導があちこちで繰り広げられる。

紫ww村の女の子Aw役不足じゃないのか!?環さんと紫は退屈そうだ。

その後突然五月雨荘が舞台と化しミュージカルが始まる。

アドリブなのか全部台本なのかよく分からないカオスな空間がそこには。

女の敵は女みたいな事なのか!?どんな舞台なんだよ!

いつの間にか真九朗の部屋にはギャラリーが。どこからきたんだw

紅香さんがそこへやってくる。演劇の話はなんと嘘だった。

話を持ちかけてきた人は紅香さんが雇った人であり、全て紅香さんが仕込んだものでした。

その後も環さんはノリノリで、おい、このままで終われると思ってるのか!?と。

アドリブだろうが勝手にに話が進んでいき、みんな楽しそうだった。





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。