美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 第11話 われ思考う

2012.10.25 (Thu)
1025.png

こんばんわ~。

もう11話。早かったな~。まだ最終回ではないですが・・・w

クライマックスシーズンですねえ。次の回が日本シリーズって感じ。

紫ちゃん、完全に九鳳院に取り込まれてしまった感じだなぁ。洗脳されとる・・・。

そして奥の院へ・・・その顔は非常に凛々しかった。

そして真九朗、弥生、紅香はその九鳳院へと向かう。

しかし物凄い雪国ですね。季節は真冬ですか。

そして相手方も来るのを予想していたのか。待ち構えていた。

バトルスタート。弥生さん。リベンジできるか、再びあの時の女と。

真九朗も紅香も雪山の中でちゃんばらを繰り広げる。

そして雑魚達を蹴散らして真九朗と紅香は九鳳院に足を踏み入れる。

九鳳院の人間は外の世界とは無縁なのです。帰れと警告される。

しかし2人は強行突破する。襖を突き破り。

一番奥の部屋には紫とりゅうじ兄貴。おぼっちゃまなのか。兄貴は。

紫はしかしすっかり洗脳されてしまっている、言わされるんだろうけど、真九朗が一緒に五月雨荘に帰ろうと

紫に促すが紫はきっぱり断る。私は九鳳院の人間です。真九朗殿、お帰りくださいと。

さっきまで弥生さんと戦っていた女がやってくる。この女、かなりデキル。真九朗達、押されています。

真九朗がやられているのを見た紫は悲しげな表情を。やっぱり全て建前なんですね。

紫、運命を受け入れてるって。生気のない顔で言われても。

あの強い女、凛って言うのか、名前と性格がミスマッチすぎる。

その後一旦退散することに。弥生さんを救出へ。

その間に真九朗は1人で雪山の中を激走し、1人で九鳳院へと乗り込もうとする。

屋敷が見えた所で終了。いよいよ次が最終回でしょうかね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。