美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 総評

2012.10.27 (Sat)
こんばんわ~。

いやぁ紅、面白かった。

ついついライトノベルのほうも買ってしまったwwwwwwww続きが気になる!!ということで。

正直1クールで終わってほしくなかった!まだまだ続きがみたいよ~って感想です。

女性が特に魅力的だった気がしますw個性豊かな五月雨荘のキャラクター達がいい味を出していたと思います。

絵の描き方が細かいし、紫の1つ1つの表情とかみごたえがありました。

紫ちゃんといえば普通に声がかわいかったwまぁ7歳ですしね。しかし考えがしっかりしているし本当将来有望だ

と感じました。ちょっと主旨が違うかw

大事な大事な主人公!真九朗君の名前がまだ出てきていないじゃないですか!

本当に高校生なのか!?と思うほど考え方とかしっかりしています。

もちろん紫との2人の関係っていうのも見て幾たびに気になる要素でもありました。

ただ原作を見ていないとはじめのほうは九鳳院が云々とか、難しい内容もありました。正直なんぞ?と思いました

その大富豪財閥の娘である紫ちゃんなんですが、九鳳院での生活と真九朗と過ごした日常生活のギャップが面白か

ったw五月雨荘にいるときは本当普通の7歳児でしたもんね。でもおしゃれが好きな年頃なんでしょうか、洋服

がいつも高そうに見えました。あれはどこかで買ったものなんでしょうか。

最後紫は奥の院を出て九鳳院に残ることを決心しましたがあれはハッピーエンドど言えるのかどうなのか

その辺りは視聴者に委ねられる所だと感じました。

とにかく原作が気になって仕方がないのでライトノベルを読みまーす!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。