美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

琴浦さん の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第2話 「初めての・・・・・」

2013.01.18 (Fri)
真鍋がイケメンすぎやしないか・・・



相変わらずエロスの妄想に走りまくる真鍋ですが、今回ちょっと鳥肌もんでしたわ・・・。

1話に比べると断然明るくなっちゃいましたね!琴浦さん。
朝から料理している姿もイキイキとしてましたよ!
とにかく部活動の面々がみんないい人すぎて良かった。

今回からサブキャラが登場。
OPに出てくる主要キャラ達ですかね、特にセンターにいたチビめがねくんのインパクトが半端なかったわけですが
そんなちびめがねくんこそがESP研究会の中核となる存在なわけですね。
メガネの奥の眼光は凛々しく、彼も超絶メガネイケメンでした。
というわけでESP研究会とやらの部活に真鍋と春香は誘われます。
ここで登場してくるのがESP研究会の御舟百合子と先ほどのメガネイケメン室戸大智
もともとこの2人だけで活動していたらしいですね。そこに真鍋たちが加わりメンバーは4人に。

百合子の母親の実はエスパーであり千里眼とやらを持っていたそうで
過去に悲しい経験をしているようですね。
彼女の狙いとしては本当にエスパーがいる(春香)ことを世間に知らしめたかったんだと思います。
そんな百合子の企画で超能力占いイベントを行うことに。二人場折で後ろに春香を潜ませ占いをしようとしますが
いかんせん百合子の後ろに隠れていることもあり相手の顔が見えませんw
どうしようもないので春香が直接占い師を担当することになります。
顔はマントで隠れるから大丈夫だろうという考えから。
春香の占いは当たる当たるで回りには人だかりが。

ここからがまた辛かったですねぇ。
小学校から真鍋のことが好きであった森谷さんが関わってくることで事態は急変。
高校でも同じクラスであり森谷が真鍋のことを好きであることは心を読むことで理解した春香。
そんな春香に対する妬みがここで爆発。占いの場で本人の前で森谷は毒を吐きます。
これまで明るかった春香の笑顔が泣き顔に変わっていくところが見ていて辛かった!
突然の出来事でその場で吐いてしまう春香。

人の心を読みたくて読んでるわけでもないのにね・・・。
自分たちの感情だけで行動してしまう森谷一味。人の気持ちを分かる心を持つことって難しいんですかね~。

この出来事以降しばらくいじめを受けてしまう春香。
しかし真鍋には心配をかけさせたくないという思いからか何もなかったかのように振舞う。
ある日、春香の背中に嫌がらせの張り紙が張られているのを見てしまった真鍋。

ここから真鍋のスーパーイケメンタイム。

真鍋からすると完全アウェイ状態なわけだが1人で敵陣に乗り込む勇気というか、普通にかっこよすぎますわ!
張り紙を張った森谷のもとへやってき机にたたきつける。
春香の能力を知っているからこその発言でしたね。

お前たちの心は腐っている!

まさにそのとおりですわ。お前w自分の心はどうなんだってツッコミたくなるなる気もしますが・・・w

あいつは全部、自分で抱え込んでしまうんだ。

そして最後には、どうしてそこまで春香の肩を持つのか聞かれると

「好きだからだ!!文句あるか!!」

と、ここで告白しちゃったよ真鍋さん。
そんな真鍋の教室の外で聞いていた春香は号泣。いい意味で泣かせるねぇこのやろう!

一方百合子は春香がいじめられているという情報を耳にし、自分が悪いと自分を責めていました。
こういう事態になることを予想していた大智はやはり何か持ってますね。
しかし真鍋の勇気ある行動のあとしっかり春香に謝ることができ、
部活の面々は更に友情を深め合うことができました。

やっぱりお互いがしっかり理解しあうことが大切だと思いますね~きっと。
今後注目したいのが森谷ひよりですね。
今回の出来事で更なる嫌がられを働かせるのか、好きな人から言われた言葉で心を入れ替えるのか。
いやぁ、実に見ごたえのあるアニメですね!来週まで待てませんわ。。。


http://alicetail904.blog42.fc2.com/tb.php/1303-95bcc413

琴浦さん 第1話 「琴浦さんと真鍋くん」

2013.01.11 (Fri)
ゆるゆるなタイトルとは裏腹に。

昨日より放送が始まった「琴浦さん」の第1話です。

タイトルからして完全にゆるゆる~な感じのアニメかと思っていましたがそんなことはなかった!
しょっぱなから鬱展開でスタート。
人の気持ちが分かってしまうというヒロイン「春香」の過去シーンから始まります。

人の気持ちが分かるという能力が場合によってはとても恐ろしい凶器となってしまう。
幼少期の頃なんかそんな感覚分かるわけがないですよね。
学校で他の子供たちにハブられていくのは分かりますがあの家庭環境はあんまりですよね~。
自分のかわいい娘を捨てて出て行ってしまうシーンを見た時は残念でなりませんでした。

そんなこんなで辛い過去を送ってきたこともあり、高校生になった今ではあんなヤンデレ顔になってしまったと。
そんななか、ある人との出会いによることで彼女の人生は大きく変わることになると。
真鍋くんという外見だけで判断すると主人公キャラっぽくない気がするわけですが
彼こそが今作の主人公、彼女のヒーローになるわけですね。
目元のたるんだ感じが若干似てるなーと思っちゃいましたw

後半のこの2人の絡みは完全にギャグ回で、前半の陰鬱とした雰囲気が吹っ飛んじゃいます。
彼だけは言っていることと思っていることが一致していることもあり
自分に正直に生きているんだなぁと感じますね。
それ以外のクラスメート達は相変わらず春香から敬遠しているようですが真鍋だけは違いました。
とにかく積極的、顔に似合わず積極的。春香がクラスに転向してきて以来ずっと春香を追いかけていました。
席も隣通しだったということもあり一目ぼれしちゃったんでしょうか!?

春香の人の心を読めると言う能力を暫くはマジックだと真鍋は信じていなかったわけですが
トラックの件など複数の出来事により春香の能力を理解することに。
人の心を読むことでその人を傷つけてしまうからという事で自分から離れてほしいと春香は言います。
こちら側から春香の気持ちを読むことはできませんが確実に1人になるのが嫌だという思いは目に見えてます。
今までの辛い経験があったからでしょうね。
でも一番辛いことは大切な人が自分のそばから離れていってしまうということ・・・。
しかし流石は主人公、全てを受け入れ春香の事を理解しようとします。
そんな思いに心を開いてくれたのか厚い友情が芽生えます。

真鍋との出会いにより彼女の学園生活、そしてこれからの成長というのが見所でしょうか?
前半のほうは完全に鬱展開だったこともあり「琴浦さん」とかいうソフトなタイトル付けちゃっていいの!?
と思っていましたが、これからこれから!ということで盛り返してくれそうな予感がしますね~!

http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/tb.php/699-506db863
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/7753-5878e230
http://keycafe.blog27.fc2.com/tb.php/1839-0ca65878
« Prev  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。