美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

リトルバスターズ! の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ! 第14話 「だからぼくは君に手を伸ばす」

2013.01.13 (Sun)
他の誰でもない、西園美魚


クラスメート達から美魚の記憶が消えていくなか、その影響は理樹までも押し寄せていた。
それでも美魚の事を忘れないと懸命に頑張る理樹。

それにしても美鳥は容赦がないですな!
めがねを掛けていたかどうか揺さぶりをかけられ、それに迷ってしまう理樹。
このままでは理樹も美鳥のペースに流されてしまいそうですね。

美魚のことについて理樹は恭介に相談しにやってきます。

自分のこと以外は信じるなと。美魚のためにも。

恭介からのアドバイスで更に忘れないようにしようという気持ちが高ぶります。
しかし、美鳥の余波は確実に理樹にも迫ってきているのがよくわかりますね~。。

たまたま短歌コンテストが行われていたこともあり、美魚の短歌はないかと会場へ。

風に乗り白い翼で君と行く 青の狭間の常夏の島

この短歌を見ていると、はっきりと美魚のことが蘇ってくるようです。
そんな状況を見ていた美鳥は、美魚の居場所を教えてくれます。
やってきたのは海。そこにはいつも見ていた光景がありました。日傘を差し海を見つめる美魚。

ここから美魚の幼い頃の回想シーンへ。
幼少期の美魚がかわいい件。ロングヘアー似合いますな!
昔から本を読んで、創造に心を馳せることが好きだったという美魚。
鏡の中にいるもう1人の自分に問いかけるとことから始まったわけですね。妹だという美鳥の存在。
夢と現実が繋がったんだと。この頃はとても楽しかったことでしょうね。
しかし美鳥は美魚にしか見えなかったんだと。
それが原因で親から病気なのではないかと、1人芝居をやってるようにしか見えないですからね。
病院に連れていかれ、ありとあらゆる治療を受けます。美鳥なんて存在しないんだと。
中学生になる頃には美鳥のことを忘れかけていました。

しかし美鳥のことを忘れてしまっていたことに対する罪悪感はとても強いものだったんでしょうか。
目の前にある空と海へ行きたいと望む美魚。それは孤独であることを望み消えてしまうということ。
美魚が消えて涙を流すのとともに美魚の記憶が消えかかってしまう理樹。
そんななか美鳥から電話が。
美鳥も本当は美魚に戻ってきてほしいことを望んでいました。
こうなってくると美鳥の存在が今度はなくなってしまうことになるんですよね。

「美鳥、君がどうなっても、忘れないよ、ずっと」

こう美鳥に伝え海の中へ進んでいく理樹。
そして奥深くで美魚を見つけます。

「君が望むまでもなく、僕らは孤独なんだ。人の心なんて分からない!
 だからこそ触れ合って、分かり合おうとするんだよ!僕らは誰かと共にあることで自分自身を知るんだ」


ここ、見せ場でしたね。
美鳥も美魚に語りかけるところを見てると、姉を思う気持ちというのがよく分かります。
そうして美魚は帰ってくる。影も元通りになっていました。

「この世界に生きています、生きています!」

力強いコメントと明るい笑顔いただきました!!
そうして美魚ルートの終わりをつげるED曲に突入って感じですかね。
そのEDではリトルバスターズの面々がわいわいやっている光景が。いやぁ実にハートフル。
こうして正式にリトルバスターズのメンバーとなることができたわけですね!いい最終回だった!

http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3250-9018a886
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1215-f3b28f5c
http://renpounasu.blog.fc2.com/tb.php/531-4990191d
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1969-23a3ff57
http://animumeso.blog101.fc2.com/tb.php/3354-cf96af74

リトルバスターズ! 第13話 「『終わりの始まる場所へ」

2013.01.06 (Sun)
美魚と美鳥

久しぶりのリトバスですね。ちょっと時間が空いてしまったんで忘れていないか心配です。

完全に重苦しい感じの回な匂いがぷんぷんしますね。何かを語る大雨がまた。
何かが狂い始めていた。
まるで世界全体がまどろいでいるような。
西園さんという存在がどんどん薄れていっているようですね。
何日も欠席が続き、それにも関わらず誰1人と西園さんのことを気にかけないこの空気感が嫌ですね。
理樹だけはずっと心配していたようですが、リトバスの面々はというと
西園さんの存在自体を忘れかけていました。本当にどこか遠い所へ行ってしまう感じですかね・・・。

終わりの始まりだという場所に理樹と西園はやってきます。
リトルバスターズの過去について話をしてほしいと言われ理樹は語りだします。
やっぱり暖かい思い出だったんですね。理樹はいつもみんなに支えられてここまでやってきたようです。

白鳥になり、誰とも交わらない存在になりたかったと・・・。
今からその言葉が現実になるような気がしてなりません。目の前に広がる大海原の前で2人。
みどりという美魚そっくりの少女が2人のもとへやってきます。
まさに美魚のことを向かえにきたかのごとく。
前前から登場していた美魚のそっくりさんとは彼女のことだったんですね。

そして美魚がいつも日傘を差している理由もよく分かりました。
みどりではなく美魚だからこそ日傘を差していたんでしょうね。
人の足元を見て行動する気持ち、よくわかります。それもそれでひとつの個性だと思うんですがね。
みどりと美魚はまさに正反対の性格のようですね。静と動って感じがしますわ。

それ以降美魚が学校に来ることはなく、その代わりにみどりがやってくる。
これは一体どういうことなの・・・
あんなの美魚のはずがないじゃないですか!!みんな騙されてるんです!?
みんなの西園さんに対する記憶がすりかえられたかのような反応を見せます。リトバス面々までも。
理樹以外みんな美魚だと思ってるのか・・・。
「最近彼女、明るくなったなぁ!!」
とかいう反応だったら分かるんですけどね。
どういう風の吹き回しかっつうぐらいにノリノリキャラに進化しちゃってますからね。

いつも美魚がいる木陰へ。
するとそこにみどりが。どうやらみどりも自分のことをしっかり把握できてるのは理樹だけと察している様子。
しかしいずれ本物の美魚のことを忘れてしまうという問いかけに若干目が泳ぐ理樹。
ここのやりとりだけみると理樹がいじめられてる感が半端ないんですよねw
ここだけ見ると完全にみどり悪い子じゃんっていう印象しか持てない気がしますね。
みどりの不敵な笑みを最後に今回は終了です。
理樹からするとみんな敵みたいな感じになっちゃってますが、強い意思を持ってなんとか打開してもらいたいです
あと美魚とみどりの関係についてもう少し知りたいと思いました。

http://hahahahahahahahahoho.blog.fc2.com/tb.php/146-34139532
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3364-783e7460
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1208-47dbef86
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/731-e05e9ff4
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/2158-db6d2fc4

リトルバスターズ! 第12話 「無限に続く青い空を」

2012.12.23 (Sun)
1223.png

今日は男キャラ達のみで仲良くおでかけ。
ぶらりぶらりしていると募金活動をしているリトバスの女子たちと遭遇します。
ボランティアをしているようですが恭介は否定的。
誰かのために頑張ることが自分にできない恭介に対して小毬はいつもの調子で物申す。

「誰かを幸せにするってことは、自分を幸せにするってことなんだよ!」

そうですか、それじゃあ私も明日からボランティア始めますわ!
その言葉に感銘を受けた恭介は募金に協力しようとしますが、財布の中がとても虚しかったのでNG。
しかしこの中に今回重要人物になりそうな美魚の姿がないですね。
その美魚のことをふっと思う理樹。今回あたりで加入する予感がぷんぷんしますね~。

相変わらず自虐的というか。美魚は自分のことを道に落ちている石ころなんだと例えます。
クラスメートたちから肩をぶつけられても何1つ表情を変えることなく平気、慣れていますから、と。
ぶつかる方もぶつかる方なんですがねwぶつかったことにすら気づいていない様子なクラスメートたち。
まぁ確かに美魚の席の位置も人の出入りの多い隅の席なわけで環境が悪いといえばそれもあるんですがね。

そんな美魚をいよいよリトバスに参入させようと声をかける理樹。
やはりマネージャーとしてでしたか。マネージャーを絵に描いたようなキャラですしね。
とりあえずこれでメンバーが9人となることに。野球の試合が出来る人数まで持ってくることができましたね!

次の日。恭介の企画で新たな試みを行うことに。
それは短歌コンテストへの応募。これは美魚との親睦を深めようとしているわけですね。
というわけでさっそく美魚に短歌の説明をしてもらいます。
学校の先生みたいだなw短歌の歴史から何から全てを説明しようとします。
すると当然ながらリトバスの面々は眠たそうになったり狂いそうになったり予想通りの反応。
これには流石の来ヶ谷さんも若干呆れ顔。
健吾の顔なんか魂の抜け殻のようで面白かったですねw

1人1人が作るのではなく単語を組み合わせて作ればいいということ1人1つずつ短冊に単語を書くことに。
リトルバスターズの合作ですね。

真人「かぜひかる」

来ヶ谷「存外まともなのがきたな。
    あなたのそばに・・・」


小毬「君がいる」

理樹「あれ、なんか、自然な流れだ。」

鈴「じゃあ、下の句にいこう。」

クド「真っ赤なブルマ」

恭介「ぼく大巨人」

                        リトルバスターズ

賛否両論あったが審査委員長の美魚からはイマイチという評価が。
一体誰がどのフレーズを書いたのか気になるところですね・・・w

盛り上がっていたころ、美魚の姿が見当たらなくなります。
美魚を探す理樹。やはり一番最初に気づくのは主人公。主人公といわざるを得ない。
美魚は中庭にいました。そしていつものように木陰で日傘を差すスタイル。
みんなと一緒に過ごすのが苦手なのだろうかと理樹は察しますが・・・

「戸惑っているんです。こんなふうに賑やかなのもいいと思っていることに。」

美魚の心にリトバスの影響は何かを変化させているようですね。

微笑ではありますが初めて美魚が笑うところを見ることができました!やったな理樹!
お前にしか見せたことのない顔だな!!
空へ行きたいと願う美魚の心境はいかに。そんな答えに不安を隠すことのできない理樹。
このまま美魚がどこかへ行ってしまうのではないかという不安・・・。

「あなたのおかげで短歌ができました。コンクールに応募したいと思います。」

次の日、美魚は欠席。理由は風邪ということらしいのですが・・・どうみてもわけありでしょう。
天気が悪いのも何かを予感させますねこれは。
最後に現れた美魚?それとも美魚に似た人物がいつもの木陰に現れたところで今回は終了です。
展開としてはあまり宜しくないような気がしますが、美魚の満面の笑みを見たいものです。


http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3353-192c3027
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/1668-3966bd4d
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/703-fd972c51
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1951-cc472f98
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fa_oka/52045042



リトルバスターズ! 第11話 「ホラー・NO・RYO大会」

2012.12.16 (Sun)
1216.png

今回は肝試しのお話ですね。
本編からちょっと外れてにぎやかになりそうな雰囲気ですかぁ!?


ホラー本による影響からか肝試しをやろうぜと恭介がやってきます。
流石に鈴はおびえている様子ですが、強制的に参加させられることに。
というわけでチームわけすることに。

・小毬・クド・鈴
・真人・謙吾
・葉留佳・来ヶ谷・理樹


というそれぞれのチームができます。危ないチームがちらほら・・・

とりあえず小毬チームから肝試しスタート。
クドはヴェルカとストレルカを見方にして校内に入ろうとしますが、ついてきてくれることはなく・・・。
一方鈴は猫を召還し共に行動を図ろうとしますがこれも失敗。四方八方逃げられてしまいます。
動物たちも考えることは同じなんですね!
この3人は3人で心配といえば心配。ゴールできるのでしょうか?お互いが天然の知恵を振り絞り
ミラクルを巻き起こしてもらいたいところですが!

理樹たちはなんとかなりそうですね。来ヶ谷さんがいるのは大きいと思います。
っていうかこのグループだけハーレム状態なわけですか。これは何かひと悶着起こりますかね。
来ヶ谷の強心臓っぷりは期待通りですね。
来ヶ谷は2人が怯えるのを見たくてたまらない様子。やらしいわぁ!

真人と健吾。
強そうに見える健吾でしたが、お化け役に回っている真人を見て怖がってしまいます。
真人のやりそうな事は目に見えていましたが、こういうのは駄目なんですね。

その後2人の表情が引き締まり、誰かの気配を察知します。
私なら逃げるところですがそれを追いかけていく所を見ると流石の2人ですね。
しかし、誰もおらず更に、部屋の中に閉じ込められてしまいます。
バイオハザード的な展開ですが。更に携帯までもが不通に。おー怖い怖い・・・。

理樹はクドから怨霊を感じるとの情報を耳にする。そんな能力があるんですか!?
残りのメンバー達は集結し、肝試しを中止することに。そして怨霊退治へと予定を変更することに。
ここから美魚が登場!!すいません!正直スマンカッタ・・・ですわ。
美魚は怨霊退治に関する知恵をメンバー達に説明。そんな事よく知ってるなぁと関心。
そこからはメンバー達が協力し合い校内にいる怨霊を追いつめることに。
ブレーメンの音楽隊かとも思わせるタライ攻撃。
そんなタライの使い方初めて見ましたよ。


こうして怨霊を捕らえることに成功。
その怨霊の正体は・・・

恭介 「こいつは、ピーちゃん!!!」

怨霊の正体は恭介が小さいころ、北海道から連れてきた大鷲だったらしいです。
リトバスの面々もそのことを知っており各々ピーちゃんとの思い出があるようですね。
鈴には懐かなかったとかw
そんなピーちゃんが恭介に会いたいがためにここまでやってきたと!?
凄いですね。単純に天才大鷲じゃないですか。この再開に恭介も嬉しそうですね。
顔が凛々しい。これは将来有望ですね。怨霊怨霊言って申し訳ございませんでした、ピーちゃん!

再び飛び立っていく大鷲のピーちゃん。飛び立つ姿カッコイイ!

こうして肝試し大会という名の怨霊退治が終了。夏のいい思い出になりましたかね!!



http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1188-29b3a8d5
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/tb.php/1300-fcc137af
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/2145-aef03ba7
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nylon66/51862035
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/1649-f6336657
http://observationroomfornv.blog.fc2.com/tb.php/160-f5eb423e

リトルバスターズ! 第10話 空の青、海のあを

2012.12.09 (Sun)
1209.png

名探偵来ヶ谷さん

実線を想定してひたむきに野球の練習に励むリトバスの面々。
ちょっとやそっとじゃガチムチにはならないですよね!女の子はみんなぷにぷにが一番なんですよ!
野球ができる人数として後1人が必要。8人で挑んで勝ってやる!!って展開にはならないみたいですね。
やはり仲間集めの仕事は理樹のところへやってきます。
信頼されているのかヤラされているのかどっちなんでしょう。素直に従う理樹も理樹ですがw


そして野球仲間を探していると~美魚さんを発見します。
日傘美女がまさかの野球選手というギャップにみんなやられちゃうのか!?
いつも同じように木漏れ日の差す中日傘を差してまったりしているんですね。
おっとりとした喋り方でありながら、その口から出てくる言葉には1つ1つ重みを感じました。
普段はおとなしいが大事なところでズバっと核心をついてくるような感じでしょうか。
色々難しそうな彼女ですがこの子が野球部に入るのであればマネージャーとして才能を発揮しそうな気がするw
いつも日傘を差しているのには何か理由があるんですかね・・・?気になりますわ。


その後も理樹は美魚のところへ足を運び、積極的におしゃべり。
相変わらずお上品、茶道部所属!?
そしてリトルバスターズの話を切り出します。

「西園さん、よかったら僕たちと野球をしない?」

若干興味を持ってくれたようですが、普段体育に出ていないからという理由で誘いを断ります。
ふ、ふられたぁ!?
体育に出られない、何か体調的な問題があるのか気にしていると・・・

「同じことをいつかもう一度聞いてください。
もし私が答えてもいいと思ったら、返事をしますから。
その時は、こないと思いますが」


意味深すぎる!これは何を意味しているのでしょうか・・・?今度の展開で分かりますかね?


ちょっとしてミステリーが繰り広げられます。
体育の時間に向けて練習するクラスメートたち。
女子の不敵な笑いのカットインのシーンが気になります。
体育の時間の後、理樹に美魚の本を探すのを手伝ってほしいとお願いを。
どうやら美魚の本が行方不明になってしまったようです。
誰かが隠したんではないかと疑いますが、理樹はそれは違うだろうと必死に本を探します。
悪い意味ではいじめなのかと思いました。また美魚自身もクラスメートを信頼できていない様子でした。
そんな美魚に対してフラグの立つ発言が。

「この世には悪意は存在する、僕もそう思う。
でも僕は信じている。それと同じくらいこの世には善意が存在するって。」


そしてそこへ来ヶ谷さんがやってきて推理を始める。
本を持っているのは着替えるのが遅い、そして一番最後に教室を出た内気な女子と。
この子自身に悪気はなく返そうとしていた、しかし内気な性格から周りのみんなに確認することができなかったと

この推理、パーフェクトマッチングでした。名推理乙!
このやりとりで美魚の心は大きく揺らいだんでしょうね。

「今から見学してもよろしいですか?野球を。」

全然オッケーっすよ!!寧ろそんなことより野球やろーぜ!!展開ですわ。
楽しそうに野球をするリトバスの練習光景を見た美魚はもちろん加入ですわね。
さぁこれでようやく現実的に9人が揃ったわけですよね!練習試合からでもコツコツとやってけますね~。



http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1183-182757bb
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4912-d9116abd
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3335-091b9760
http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/708-d8f4c0a0
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/667-9301c0b0
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/1636-cafaf999
http://animumeso.blog101.fc2.com/tb.php/3323-120e8251
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/tb.php/1280-16566d57
http://kate555.blog59.fc2.com/tb.php/1923-bbef9b96
http://renpounasu.blog.fc2.com/tb.php/483-bedc4964

« Prev  | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。