美術1がお絵描きしながらアニメレビュー!

古いアニメから最新のアニメまで下手糞なお絵描きを交えつつだらだらとアニメレビューを行っているサイトです。毎日最低1つの記事を更新できるように頑張ります!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第6話 「夏休み!」

2013.02.15 (Fri)
まさかのつるぺたED

夏休みとな!
季節外れの夏休みすな~。

ESP研の面々は再び春香の実家へ遊びにやってきます。
変わったことと言えば森谷さんが加わりメンバーが5人になったことくらいですね。
というかあのメンバーの中で森谷さんは「はぶられキャラ」として定着しかかってる!?
そんな彼女をフォローするのが春香。
今まで夏休みを楽しむことの出来なかった春香だからこその行動だったんでしょうね。
とにかく今回、春香にとってとてもたのしい思い出になったようでよかったですね。

相変わらず真鍋と春香のおじいちゃんは話が合うのか合わないのかよく分かりません。
しかし以外と鬼畜な一面もあるのでしょうか、それは部長にも言えることなんですが
春香に対する鬼畜プレイが少々。あれだけ怖がりな春香もどうかとは思いますがw

真鍋のエロ妄想に対して「エロスが!」というツッコミはもやは定番となってきてますね。
今回も相変わらず、特に夏休みというシチュエーションなだけに真鍋のエロ妄想が止まりません。
それでも小学生的な要素も持っていて「何して遊ぶ?」とかいう台詞を耳にすると
微笑ましくてなりませんね。春香もそんな真鍋を純粋に受け入れているようですし。

まぁ今回のメインイベントとなるでしょう、海での水着公開の時間がやってきます。
やはりダントツにでかい部長、続いて森谷、そして春香の順ですね。
顔色1つ変えず軽くあしらう室戸先輩は流石でしたね。
部長と森谷がもろ水着の中、春香だけはなかなか水着の上に着ている服を脱ごうとはしません。
私的にはむしろ最高峰の逸材だと思うんですけどね。自信を持てよ!!と訴えたいところ。
普段は人の心を読む立場の春香ですがこのときばかりは逆に男子たちに心を読まれてしまいましたね。
意を決したのか砂浜を走り海に飛び込む寸前に服を脱ぎます。
真鍋に見られたくなかったんでしょうね、かわいかったです。
まぁ真鍋はそんなん気にするほうじゃないと思うんですけどね。
春香にとってある意味真鍋の残念がる心を見るのが嫌で寧ろ普段のエロ妄想を期待していた!?

真鍋はもちろん一目散に春香のもとへダッシュ。
しかしそれを振り切ろうと浮き輪で逃げる春香。当然胸を隠しながら。
野生の猫のような春香は新しかったですね。
よくあるパターンである沖に流されてしまうという悪いイベントが発生。
もっと深刻な展開になるのかなぁと見ていましたが真鍋がボートですんなり回収。
ボートの上で真鍋に春香が泣きつくシーン、抱擁されて真鍋は何を思うのかとひやひやしてましたが
ここは流石に自重してくれましたねw青春真っ盛りで素晴らしいなぁと感じる瞬間でしたね。

その後はついに待ちに待った春香の手作り弁当を食べることもできたし
真鍋にとっても最高の1日になったのではないかと思いますね。

もっとも度肝を抜かされたのは最後のEDだったわけですがw

さくら荘のペットな彼女 第18話 「宇宙人に初恋」

2013.02.12 (Tue)
佳境に差し掛かってまいりました


最初の美咲先輩の座り方・・・自分を見てるようだったw
椅子の上で体育座り、やるよねー!!
というのはさておき・・・w

優子の合格発表。
一緒に合格発表についてくるといった七海のテンションの高さはなんだったんでしょう。
そしてなぜかいっしょについてくるましろ。
結果的には残念なわけだったんですが、優子の反応がまた常軌を逸してないかw
90番台は優子以外すべて合格という重たらしいジャブまで浴びせよって!
妹にはもっと優しくしろ!ってことですね。

一方仁と美咲は序盤の電話に出ない美咲の様子を見ていたのもありなかなか丸く収まらないようですね。
そんななか立ち上がるのはやはり後輩くんである空太なわけです。
本当空太達がいなかったら2人はどうなっていたことか・・・。
屋上での殴りあいも仁のことを思う気持ちが強かったからのことですよね。
殴り合いの後すぐ普段の感じに戻るところは仁っぽいなと感じましたが。
激しいバトル自体は空太が押されに押された感じですが言っていることでは空太の圧勝って感じでしょうか。
というか仁が強すぎる。
七海も必死に美咲を説得する姿、そして強引に仁のもとへ連れてこようという姿勢は素晴らしかったですね。
2人の行動により無事に再開することができ、仁と美咲の間にようやく会話がうまれます。
男よけの指輪とやらがとにかく無駄にならなくてよかったよかった。
ましろはましろでしっかり小ネタをはさんでくれましたしムードメーカーとして頑張ってくれましたね。

仁からさくら荘に帰ろう!と丸く収まった感じでしたが次なる問題が。
なんと、さくら荘が取り壊されてしまうということが理事会のほうで決定してしまったようです。
ちょっと唐突すぎてビックリです。前々からそういう話は出ていたのかどうか。
千尋先生のマジな感じの表情が深刻さを物語っているようでした。

果たしてどうなることやら・・・。



http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1240-f8974fd5
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1447-de9d5754
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4978-41eded24
http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/837-d5da3920
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/845-cbc48aed

リトルバスターズ! 第18話 「答えは心のなかにあるんだ」

2013.02.11 (Mon)
ハートフルアニメ

果たして葉留佳のふりをして理樹のもとへやってきた佳奈多の目的とはいかに。
しょっぱなからゲリラ豪雨ですが、関係ないわけないですよねこの天候の悪さは。
卵アレルギーの話が出てきますが後々これが重要な伏線になるわけですか。

理樹は佳奈多のもとへ、なぜ葉留佳のふりをしたのか理由を聞きにやってきます。
そして過去の話を語りだします。
幼いころの葉留佳と佳奈多はとても仲良しだったわけですが大人たちがそれを許さず
ある意味佳奈多はヒール役を演じていたんだと。
卵アレルギーについてうそをついたのは、葉留佳のを思ってのことだったんですね。
葉留佳にしか出来ないことがあるんだと。とても妹思いなんだと感じましたね。

理樹は葉留佳に対してこのことを話ますがどうすればいいのか分からないって感じでその場を出て行きます。
恭介のいったとおり、答えは彼女で見つけるしかないと思いますね。
互いにマイナスを押し合っていても何にも相殺することはありません。
憎しみにとらわれていても本当の答えは見つからないと。
理樹に説得されて意を決した葉留佳は佳奈多と直接話をすることに。
自分から前に行動することにとても意味があると思いましたね。

「私、もう逃げないことにしたんだ!」

ちょっとこのシーン、会話がないと完全に佳奈多がアウェーというか一騎当千というかやばい絵ですよね。
最初は話を聞く気もないそぶりを見せていた佳奈多でしたが、葉留佳や理樹の言葉に覚悟を決めます。
クドは佳奈多の秘密を知っていたようですが、佳奈多の腕にはおびただしいほどの傷跡が。
佳奈多も相当ひどい思いをしてきたことが。これは葉留佳以上かもしれませんねある意味。
あの傷がまさにそれを物語っていました。彼女もひどい虐待にあっていたと。
しかし自分を守るためにはああするしかなかったと。

「だって葉留佳は、私の妹だもの!妹なのはもう誰にも変えられないもの!」

葉留佳を守るためのことだったんでしょうね。
すべてを終わらせることを決意。2人の抱擁シーンはジーンときますね!
父親のもとへやってきた2人。前にでてきたあの恭介風のイケメン父さんです。
あのときは打って変わって態度が違う!まるで別人のようだ。
いろんなことがあったわけですね~・・・。
それでも片時も2人のことを忘れたことはなかったと。
満足そうな葉留佳は結局どっちの子なのか深追いすることもありませんでした。
悪者がいるかどうか確かめたかっただけだからと。しかし結局誰も悪くない。
その答えを彼女なりに見出すことができたわけですね。
このあたりのせりふはファンタジー漂うシーンでしたね。

最後に出てきた親子の再会シーン、感動しましたね。。
普通にEDかと思ったらまさかの感動的フィナーレなんですもん!
今回ばかりは神回でしたね~。心がホットホットしちゃいます。
とりあえず葉留佳、佳奈多ルートが完結ということですね。2人とも救われてよかったです。


http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1239-5a4ecf9f
http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/764-4d58861a
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4975-0c7532bd
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/tb.php/1420-8ada9a5d
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1999-449f949d

« Prev  | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。